FC2ブログ
RSS

くれないの影 第二章 お客様は紅王丸――1



 翌日から、 土岐野が付きっ切りで 挙措動作(きょそどうさ)の訓練が 始まった。
 動きに慣れないうちは と小袖に切り袴、 薄い袿(うちぎ)を 一枚着せられていたが、
 鹿の子には それでも お姫様になった気分だった。

「だらしない歩き方をしない!  背筋を伸ばしなさい」
 何も考えられない鹿の子は 土岐野の言いなりだ。

「新参者の兵でもあるまいに、 元気良く行進してどうする。 しとやかに歩くのだ」
 しとやかが どういうことかが分かっていない。

「顎(あご)を引け。 歩幅は小さく。 ドタドタと音を出すな。 両手を振らんでよろしい」
 言いたい放題に叱られるが、 体がうまく動かない。
 初めて注意されることばかりで、 軽業とは 大分様子が違う。
 立ったり、 座ったり、 歩いたり を一日中 繰り返し練習させられた。
 食事の時も 箸(はし)の上げ下ろしまで うるさく注意され、 お小言の食いっぱなしだ。

「大口を開けるな。 かき込むでない。 箸を短く持つな。 もっと長く使うのだ」
 鹿の子は 元々器用な性質(たち)ではない。
 いくら叱られても 上達する気配は 遅々として進まなかったが、
 訓練に追い立てられているうちは 何も考えなくて済むのが有り難かった。

 朝、 起きたばかりで ぼんやりしている時などは、
 楽しかった一座の仲間たちのことを思い出したり、
 自分自身の 頼りない身の上に不安になったりしてしまう。


 そんな日々が どれほど過ぎていったろうか。
 日差しは 日を追う毎に 強くなっていったが、 鹿の子は 日数を数えることさえ忘れた。
 日がな一日 屋内で過ごし、 陽の光を浴びることも無く、
 湯殿では 糠袋で 満遍なく擦(こす)りたてられて、 肌は 透き通るように白くなっていった。
 旅の一座の軽業師と思う者は もはやいないだろう。

 そうして幾日も過ぎた日の朝、
 身支度をして待っていた鹿の子のもとに 土岐野は 現われなかった。
 五葉が来て、 土岐野は お屋形様の御用があるので、
 朝のうちは 一人で練習しておくように と言い置いて去った。

 鹿の子に与えられた部屋は、 白菊の部屋に廊下で繋(つな)がっている。 かなり近い。
 逃げ出さないと判断したのだろう。 見張りも特に付かなくなった。

 うるさく指図されたから やっていたに過ぎない。
 自分からしたい訳でも 使命感がある訳でもないことを 一人でやっておけと言われても、
 進んでなんか やりたくない。
 鹿の子は 気が抜けて、 ひざを抱えて ぼうっと庭を眺めていた。

 何処からか 鴉(からす)が一羽舞い降りた。
 右の羽根に 赤い色が見える。 道中で見かけた鴉と同じだ。
 よく見ると 赤い物が付いている訳ではなかった。
 一枚だけ 赤い羽根が混じっている。
 目の速い藤伍も さすがに 羽根が赤いとは思わなかったのだ。
 みんなと山道を歩いたことが、 遠い昔の出来事のようだった。

 鴉は 庭から鹿の子を眺めていたが、 恐れる風もなく 廊下に上がってきた。
 ずうずうしい奴だ。
 それでも身動きをしない鹿の子を 気にすることなく 部屋の中にまで入る。
 部屋の中を物色するかのように うろつき、 いきなり 鴨居(かもい)に飛び上がった。

「あっ!」
 鹿の子は、 そこに来て やっと慌てて立ち上がり 追い払おうとしたが、 時すでに遅し、
 鴉は 隠してあった紫苑の簪(かんざし)を咥(くわ)えて 庭に逃げた。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
496: by blackout on 2012/08/30 at 20:53:00

>「顎(あご)を引け。 歩幅は小さく。 ドタドタと音を出すな。 両手を振らんでよろしい」

確かにこの動きだとおしとやかな動きになりますねw

色々なところに気を配らないといけないので、慣れないうちは疲れそうですが(汗)

499:Re: blackout様 by しのぶもじずり on 2012/08/30 at 22:41:02 (コメント編集)

この逆の動きをしている鹿の子なのであった。
おしとやかからは、はるかに遠い。元気な行進です。
なにしろ、軽業師ですからね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア