fc2ブログ
RSS

それはそうなんだけどね


 いつのことだったか、ふと思ったのですよ。
 惑星と衛星は、英語でなんていうんだっけ。

 きっかけは、全く覚えていません。

 そのとき近くに居た人に、何となく聞きました。
 彼女は、アメリカに留学したことがあると小耳に挟んでいたからかもしれません。

 聞いてしまってから思い出しました。
 「あっ、惑星はプラネットだよね。衛星はサテライトで良いんだっけ」

 すると、それを聞いた彼女が、とても真剣に力説してきました。
 「あのね、日本語と英語は同じような言葉でも、全然違うの。
 翻訳しても、そのままの意味にはならないの!」

 なんか、ものすごく力一杯言われてしまいました。

 そういえば、テレビに出ていた外国人が言ってました。
 日本語を勉強したとき、一番難しかったのがカタカナの言葉。
 元は外国語なのに、発音が違う。
 すっかり日本語化していて、意味や使い方が元の単語と違う。
 だから、純粋な日本語を覚えるよりより難しい。

 何人もの外国人が同意していました。

 うんうん、彼女の言いたいことは分かる。
 でもね、惑星と衛星は、プラネットとサテライトを翻訳してできた言葉だったと思う。
 だから、意味はそのまんまだと思うよ。
 日本語には、そういう言葉もあるから、ややこしいよね。

 彼女の同僚が言ってたな。
 「外国人のお客さんが来た時にね、彼女に任せたのよ。
 得意だと思ったから。
 でも、彼女の英語を聞いた外国人は、首をひねっていたから、
 そんなに得意でもないのかもしれない。
 彼女、日本語がおかしいから、英語もあんな感じなのかもしれない」

 言葉って、センスも大事よね。

 いけねえ。<センス>もカタカナ語だった。
 英語では sense だけじゃ通じないらしい(笑)


<蛇足>

 「シックスセンス」というアメリカの映画がありました。
 幽霊が見えてしまう少年の物語です。
 視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚、そしてもひとつの感覚。
 五つのsenseは、たいていの人にあるわけで、senseがあるのは当たり前。
 全部はなくても、どれかは必ずある。

 「センスがあるよね」というのは、褒め言葉です。
 「そんなのは当たり前でしょ。だから?」と返さないのは、
 日本語の<センス>は、そういうことだからです。


 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4683: by ユーアイネットショップ店長うちまる on 2021/05/11 at 05:31:19

そっかぁ~
外人から見たら日本語は難しいのかぁ~
流ちょうに話す外人は相当勉強したのでしょう。

4684:アメリカ人だって英語が怪しい事がありますしね by miss.key on 2021/05/11 at 07:21:57 (コメント編集)

 時々ブログでボヤいたりしてますが、日本のブンヤさんの文章はおかしい。アナウンサーの言葉もおかしい。時代劇とかで使われている敬語も変。そして何かのきっかけで出回る馬鹿の一つ覚えみたいな変な言い回し。流行語という程ではないのだが、耳障りでイライラする。・・・牛乳飲もおっと。

4685:Re: ユーアイネットショップ店長うちまる様 by しのぶもじずり on 2021/05/11 at 17:47:32 (コメント編集)

 日本語の上手な外国人がたくさんいますね。
外国語は苦手な私は、感心するしかないです。

4686:Re: アメリカ人だって英語が怪しい事がありますしね by しのぶもじずり on 2021/05/11 at 17:57:18 (コメント編集)

新聞記者は、テンプレを仕込まれるのではないかしら。
以前某A新聞で、新人記者が書いたレポート記事の連載がありました。
文章どころか内容も、テンプレを仕込まれている感じがしました。

アナウンサーの間違いを見つけると、うれしくなります。
テレビ局に電話したりしませんが、電話がジャンジャン鳴っているんだろうなと想像して、楽しみます。
牛乳を買ってきたので、私も飲みます。

4687: by sado jo on 2021/05/12 at 13:50:00 (コメント編集)

わはは…スペース(space)、ユニバース(universe)、コスモス(cosmos)、アストロ(Astro)は、みんな宇宙を表しますが、ネイティブな原語通りに正確に日本語に訳した人は誰もいません。
奇妙な事に、日本語には小雨、夕立、霧雨、五月雨、梅雨、氷雨、時雨など、雨一つとっても気象現象を様々に表す単語があるのに、宇宙の語彙だけは「宇宙」しかありません。
多分それは、東洋人と西洋人の精神性の違い…古代より西洋人にとって宇宙はやがて征服すべき現実のものだが、東洋人にとっては手の届かぬ夢の世界だったのでしょう。
東洋人と西洋人は元々興味の置きどころが違っていて、東洋人は目の前に海があっても、その向こうに何があるのかを知りたくて大航海したりはしませんからね(笑)

4688:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2021/05/12 at 16:53:50 (コメント編集)

三千世界のカラスを殺し 主と朝寝がしてみたい

宇宙と三千世界は同じかしら。
訳が分からなくなったら、寝てしまいましょう!
えっ? 意味が違う。
細かいことは気にしない気にしない。
すいません考えてたら、めんどくさくなりました。てへぺろ

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア