FC2ブログ
RSS

くれないの影 第一章――10



 方角さえ 全く分からない。

 こんなことになると知っていたなら、 星の読み方を 習っておけばよかった。
 そうすれば 星座の位置で 東西南北くらいは 分かったはずだ。
 だが 今の鹿の子には、
 星が途切れて 黒々とした輪郭が 山の稜線なのだ というところしか判断のしようが無い。

 まずは 手探りで 屋敷が建つ高台を下り、 丈の高い植物の陰に 身を潜めた。
 土の軟らかさから 畑だと知れる。

 やがて 空の一角が わずかに明るくなった。
 鹿の子は 屋敷の東側に出ていたようだ。

 ほんのり見え始めた中を、 屋敷を避けるように回り込みながら 走り出した。
 道ではなく 畑を選んで走った。
 育った作物に身を隠せるし、 裸足の足にも楽だ。
 だんだん速度を上げて、 朝の光と競うように、 飛ぶように 走った。

 近づくにつれて、 焦る気持ちの中に 違和感がよぎった。
 朝の空気にそぐわない 焦げた臭いが 鼻につく。
 竈(かまど)に火を入れるには 早すぎる。 いや、 竈の臭いではない。

 胸が ザワザワと 嫌な予感にふくれ上がる。

 やっと 目的の場所に着いたとき、 鹿の子は 呆然と立ちすくんだ。
 見事だった舞台は 完全に 焼け落ちていた。
 屋根が落ち、 柱は倒れて、 所々から まだ煙が上がり、
 無残な隙間からは 熾(お)き火の赤い色が ちろちろと見える。
 こげた臭いが 辺りに充満していた。

 崩れそうになる体に なけなしの力を込め、 うおー と叫んだ。
 叫びだしたら 止まらない。
 仲間一人一人の名前を叫びながら、 また ふらふらと歩き始めた。
 が、 何処からも 返事が返って来ない。
 それでも 狂ったように なおも名前を叫んで、 焼け跡の周りを歩いているうちに、
 木の根に足を取られて 転んでしまった。

 涙で 視界がぼやけて 足元が見えていなかった。
 はいつくばった姿勢から なんとか顔を上げ、
 起き上がろうともがいた視界の先に 小さく赤いものが見え、 ほとんど無意識で 手を伸ばしてつかむ。

 真っ赤な珊瑚玉(さんごだま)のついた簪(かんざし)。
 紫苑のものだ。
 水気の多い草と土に 半分埋っていたから、 焼けもせずに 美しく輝いている。
 舞台では使うことがなかったが、 普段、 無造作に 櫛巻きにした髪に挿していた。
 それこそ 軽業師風情が持てるような品には見えなかったが、 誰も あえて問おうとはしていない。

 握り締めて 紫苑の名を叫んだ。 形見だなんて いやだと思った。

 近い場所にあった雑木は 焼け焦げていたが、 風向きのせいだろうか、 燃え広がるまでには至っていない。
 うまく逃げ出したとしたら、 風上に行くだろう。
 鹿の子は 立ち上がり、 裏手に当たる方へと進んだ。

 よろよろと泣き叫びながら 進むうちに、 頭の中に 似た光景がよぎる。
 同じようなことがあった気がしたが、 そんなことは どうでも良かった。
 鹿の子は、 一昨晩 千種がたどった同じ方向へと進んで行った。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
379:ディテール by 夏音 on 2012/08/03 at 19:03:33 (コメント編集)

こんにちは~

毎回ドキドキで読んでいます
眼を閉じて歩く平均台、そんな緊張感がいいですね

それと、わたしのような者が言えることではありませんけど、ディテールがすごいと思います

「屋根の傾き具合から 屋敷の端に行き着いたのが 分かった。」なんて、まるでほんとに屋根裏に上がったことがあるみたい!



380:Re: ディテール by しのぶもじずり on 2012/08/03 at 19:13:58 (コメント編集)

夏音さん こんにちは~

ドキドキして下さってありがとう。

> 「屋根の傾き具合から 屋敷の端に行き着いたのが 分かった。」なんて、まるでほんとに屋根裏に上がったことがあるみたい!
えーと、あります。すいません。内緒にしておいてください。

381: by 十二月一日 晩冬 on 2012/08/03 at 21:46:02

流石、鹿の子!道じゃなくて畑を選ぶのか
そしてシリアス展開に・・・

382:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/08/03 at 23:04:52 (コメント編集)

> 流石、鹿の子!道じゃなくて畑を選ぶのか
田舎ですし、逃亡ですから、それらしく逃げてます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア