FC2ブログ
RSS

原因と結果が逆です。これも風評被害でしょうか。


 菊の季節です。
 菊の花と言うと、「お葬式の花ですね」と言った人がいました。
 残念です。

 菊は四君子に数えられる高貴な花です。
 だからこそ、功成り名を遂げた人を送るにふさわしい花とされたのでしょう。
 香り高く、虫を寄せ付けないこともあったのかもしれません。
 葬儀の会場ばかりか、棺の中でも故人を飾ることが多い。

 お葬式の花と言われれば、間違いだとは言い切れません。
 墓前や仏壇にも飾られるので、その印象が強いです。

 でも、菊がお葬式用の花というわけではありません。
 香り高く、故人を送るのにふさわしいと思われて、
 葬儀に使われてきたのです。

 原因があって、結果ができた。
 その逆ではありません。


 もう一つ、同じような目にあった花があります。

 彼岸花とも曼珠沙華とも言われる花です。
 とてもきれいなのに、「死人花」をはじめ、
 「幽霊花」「地獄花」「葬式花」と、散々な別名があります。
 かわいそう。
 別名の多い花です。

 私の聞いたのは、墓地に植えられていたからじゃないかという説です。
 昔は、田舎では土葬だった。
 彼岸花の球根には毒があって、モグラなどから墓地を守る為に植えたのでは。
 その話をしてくれた人の故郷では、墓地の周りにいっぱい咲いていたそうです。
 そこから、怖い別名が生まれたのかも。
 そう言ってました。
 墓地を、埋められた遺骸を守る為に植えられたのに、
 墓地に咲く不吉な花にされてしまった。

 まあ、これはあくまで一説らしいですけど。
 他にも説があるらしいです。

 いろんな名前を付けられ、言いたい放題言われているようです。
 「疫病花」「鬼婆」「婆殺し」なんて別名までありますから、気の毒です。
 美しい花だから、嫉妬されているのでしょうか。


 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4552:おはようございます by ☆バーソ☆ on 2020/10/31 at 06:21:49 (コメント編集)

菊も彼岸花も曼珠沙華も仏教的な花だと感じます。
日本的な、と言ってもいいかもしれませんが、
確かに葬式用というイメージがありますね。
いずれにしても個人的にはあまり好きじゃないです。
美しさが感じられません。
なぜそうなのか。
蛇は模様がきれいでハンドバッグになるほどでも
蛇そのものを見ると美しさを感じないのと似ています。
ちょっと説明になってないですが。
それにしても「疫病花」「鬼婆」「婆殺し」と言われ、
年取った女性は気の毒なものですね。
なんせ、男のほうは「好々爺」ですから。
あ、いや、「姥桜」というのもありました。(笑)

4553: by ユーアイネット店長うちまる on 2020/10/31 at 06:46:54

昨夜、出張から帰宅しました。
言われるとそうですね。
花もかわいそう。

4554: by sado jo on 2020/10/31 at 15:43:31 (コメント編集)

死にまつわる花と言えば、葬儀の祭壇を飾る『蓮華』もですが、なぜか別格に扱われていますね。
レンコン料理をを食べる度に葬式を思い出すから、あえて関連性を避ける様になったのでしょうか?
日本の皇室の家紋でもある高貴な菊の花を「お葬式の花ですね」とは失礼もいいところですね(笑)
彼岸花として一般敵に嫌われる『曼珠沙華』も山口百恵さんが歌うと見事に美しい恋の花になります。

4555:Re: ☆バーソ☆様 by しのぶもじずり on 2020/10/31 at 16:20:37 (コメント編集)

美的感受性は人それじれでしょうから、好きじゃないのは仕方がないです。
バーソさんが好きな花は、百合でしょうか。

ヘクソカズラを見て「可愛い花ね」と言った人がいます。
名前と臭いを知っている私からは、出ない言葉です。
何も知らず無心に見れば、可愛らしく見えたのかもしれませんね。
一度持った印象は、意外に強く作用するようです。

4556:Re: ユーアイネット店長様 by しのぶもじずり on 2020/10/31 at 16:23:04 (コメント編集)

出張お疲れさまでした。
花も色々ありまして、苦労している花も……(笑)

4557:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2020/10/31 at 16:31:20 (コメント編集)

レンコンのせいじゃ無いと思います(笑)
蓮花は極楽に咲いているそうですから、別格にされているのでしょうね。
菊で送られて、蓮花に迎えられる?

山口百恵が「曼珠沙華」の歌を歌っていましたっけ。知りませんでした。

4561:キク科の花はみな綺麗 by miss.key on 2020/11/08 at 13:23:00 (コメント編集)

御紋にまでなる花をそーしきの花とは、物を知らんにも程がある!!と言われてしまいますな。菊は綺麗な花じゃないですか。もっと普段から飾って良い花です。

4566:Re: キク科の花はみな綺麗 by しのぶもじずり on 2020/11/08 at 15:27:40 (コメント編集)

好き嫌いはしょうがないとして、きれいな花ですよね。
私もキク科の花は好きです。
子どもが描く「花」のイメージそのままの花が多いです。
デイジーとかガーベラとか、ミヤコワスレとか。
キク科といっても、種類は多いですけどね。

4568: by のんちゃんパパ on 2020/11/13 at 17:14:03

 初めまして。ブログ「子ども達の未来のために」の管理者です。

 曼殊沙華は私も好きなお花ですが、この花の球根には毒があります。間違って食べると死ぬ可能性があります。
 しかもニラやラッキョウとも間違いやすく危険であるため、わざと気味の悪い名を付けて子供などが触れないようにしたと聞いたこともあります。
 ただし、長時間水にさらして毒抜きをすればデンプンの供給源になるため、飢饉の時のために河原や土手に積極的に植えられてきました。
 きれいな花にはとげがあり、きれいな花には毒がある。とげのあるのはバラ、毒があるのはケシや曼殊沙華ですね。

4569:Re: のんちゃんパパ様 by しのぶもじずり on 2020/11/14 at 13:25:50 (コメント編集)

なるほどです。
「きれいな花にはとげがある」は、よく出来た箴言です。
分かりやすいし、使いやすいから、しょっちゅう使われます。

毒は分かり難いです。
とげのように、目に見えません。
だから、子どもに危険が及ばないように、あえて不気味さを演出するのは効果的でしょう。
注意喚起として、よく出来ています。

勉強になりました。ありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア