FC2ブログ
RSS

くれないの影 第一章――9



「あのう……帰ります」
 しかし、 五 葉は 見た目にたがわず 力持ちだった。

 引きずられるようにして 強引に 湯殿に連れて行かれたかと思うと 着物をはぎ取られ、
 頭のてっぺんから足の先まで 念入りに磨かれた。
 強引ではあっても、 髪は丁寧に梳(す)かれ、 体は 糠袋で丹念にこすられて、
 だんだん 気持ちが良くなってきた。

 旅の間は 水で体を拭くか、 暖かい日に水浴びをするかで、 湯を浴びるのは 久しぶりだ。
 腹を立てていたのも半ば忘れて、 すっかりいい気持ちになって 湯殿を出ると、
 着ていた物が消え、 代わりに 新しい着物が用意されていた。
 
「あたしの着物は?」
 一応 抵抗を試みたが やはり 一顧だにされず、
 新しいものを着せられて、 とある部屋に 連れて行かれた。
 部屋には 寝具が用意されていた。

 何がどうなっているのか 知りたい気持ちも なくはなかったが、
 面倒なことに巻き込まれるのは 困る。
 なんとかして 逃げ出さなくては。
 言いなりにばかりなっているわけにはいかないと、 そっと障子を開けてみた。

「何か」
 五葉が 待ち構えて 声をかけてくる。
 ちらりと目を走らせると、 廊下に男も座っていた。
 見張られているのだ。

「あ、 …… 夜も更けたし、 帰ろうかなあ…… と」
 五葉は 黙って 障子を閉めた。
 帰してくれる気は ないらしい。
 強硬手段で 突破しなくては ならないようだ。

 さて、 どうやって抜け出そうか と考えるつもりで、 ごろんと横になった鹿の子は、
 しかし、 緊張からの疲れと湯上りの気持ちよさから、 あっという間に 寝息を立て始めた。

 鹿の子が目覚めた時、
 部屋の明かりは 油が切れて、 灯心は すっかり燃え尽きていた。
 見張りの為の明かりが 障子を通して うっすらと漏れているので、 部屋の様子は かろうじて分かる。
 すぐさま 状況を理解した。

 障子には がっしりとした五葉の影が映り、 まるで 影にも見張られているようだ。
 音を立てないように気をつけながら 身を起こし、 部屋の中を見回した。
 床板は しっかりしていて 音を立てずに剥がすのは 無理だ。
 奥の襖に近づき、 少しだけ開けて 覗いてみた。
 真っ暗だ。
 思い切って もう少し開けてみた。 押入れだった。

 上段に上り 天井板を押してみると、 簡単に動く。 そこから天井裏に上った。
 方角を見定めて 梁(はり)の上を ゆっくり移動する。
 まるで 泥棒みたいだ と思った。

 屋根の傾き具合から 屋敷の端に行き着いたのが 分かった。
 天井板をずらして 誰もいないのを確かめ、 するりと降りる。
 宿直(とのい)が起きているのか、 かすかに漏れる明かりを頼りに 庭に下り、
 見つからないように気をつけて 土塀を乗り越える。
 しかし、 しばらく進むうち、 さらに土塀に突き当たった。

 広大な敷地には いくつもの建物が在り、
 しもじもの人間には うかがい知れぬ 複雑な造りになっているようだった。
 戦にでもなれば、 砦(とりで)の役目も果たすのだろう。

 土塀を手探りで伝っているうちに 木戸を探り当てたので、 静かに閂(かんぬき)をはずして出る。
 何処にいるのか さっぱりわからないが、 ゆるい勾配を下って行けば 外へいけるはずだ と思った。

 そうして やっと見覚えのある表門にたどり着いたが、 門番が見張っている。
 警護の明かりがあるのは 有難いが、 門から出るわけにはいかない。
 もう一度 土塀を乗り越え、 領主屋敷を脱出した。

 そこまでは 軽業師にとって 朝飯前の仕事だ。
 問題は そこからだった。

 月は沈んでいる。
 星は満天に輝いているが、 地上の景色を照らす役には立っていない。
 屋敷の外は 夜明け前の 真っ暗闇のただ中にあった。
 とりあえず 舞台のある方角が 全く分からなかった。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
377: by lime on 2012/08/03 at 17:18:57 (コメント編集)

ハラハラしました~。
鹿の子、なにやら妙な陰謀に巻き込まれそうになってますね。
屋敷を抜け出したはいいが、逃げ切れるでしょうか。

人物紹介ができて、うれしいです^^

378:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/08/03 at 17:57:25 (コメント編集)

鹿の子、絶賛巻き込まれ中です。
そうして、只今逃亡中です。

鹿の子の運命や 如何に。
と言ったものの、間もなく分かります。

> 人物紹介ができて、うれしいです^^
はい、lime様のご指導を受けて、長編には毎度作る事にしました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア