FC2ブログ
RSS

短編  早見先生 (五)


 真面目な音楽の授業があり、
 学校行事があり、
 試験期間があり、
 そんな合間に、シベリア抑留の話もあった。


 収容所と違い、ソ連兵の兵舎はちゃんとしていた。
 捕虜は兵舎の掃除をさせられることがあった。
 私は、将校の使う便所の担当になったことがあった。

 掃除をしていると、女将校が入ってきて用を足した。

 捕虜の日本人なんか、男とも思ってないんだろうな。
 平気で用を足した。

 ちゃんとした建物だといっても、便所はしっかりとしたドアがあるわけじゃない。
 なんか、丸見えだった。
 あっちは気にしていなかったけどな。
 見えた。

 大便が、黒くて硬くてころころしていて、ウサギの糞みたいだった。
 日本人の大便みたいに水気が多くないから、終わった後に拭かなくても大丈夫なんだろうな。
 拭かずに出て行った。

「え〜〜」生徒たちが驚いた声を上げる。
 大騒ぎだ。
「パンツにクソが付くだろ。どーすんだよ」

 言っただろ。
 黒くて硬くてころころしてるんだ。
 黒パンばっかり食べてるからなのか、水気が少ないんだ。
 たぶん、パンツにクソは付かない。

 生徒は、食事と大便と文化の違いを学んだ……と思う。


 にほんブログ村 小説ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4472:シャワー。 by ☆バーソ☆ on 2020/08/06 at 06:20:08 (コメント編集)

米原万里さんの小説にも似たような話がありました。
ワイシャツを見れば分かる通り、男物のシャツは裾が長いのですが、
ソ連の男が来ていたシャツは、その裾の後ろが黄色くなっていて、
ほとんど全員のシャツがそうなっていると書かれていました。
昔の日本人だって草とか新聞紙で拭いていたという話もあります。
シャワー付きトイレを使える今の私たちは、ああ、幸せですね。(笑)

4473:Re: シャワー。 by しのぶもじずり on 2020/08/06 at 16:55:32 (コメント編集)

また米原万里氏とネタがかぶってしまいましたか。
シャツの後ろが汚れているということは、クソが付くこともあるんですね。
そうなんだあ。
寒いから臭わないのかもね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア