FC2ブログ
RSS

短編  早見先生 (三)


 夏休みが明けても、二年十三組の音楽の授業は相変わらずだった。
 身に付くとは思えないゆるい授業をそそくさと終わらせて、
 早見教諭はお話を始めた。


 捕虜になった私たちは、 
 鉄道の駅がある町に移動させられ、待機させられた。 
 その後どうなるのか、さっぱり分からない状態で何日も待たされた。

 その間、上官の命令で、毎朝庭で天付き体操をした。
 今思うと、良い思いつきだったと思う。
 敗戦で混乱する兵の気持ちを、ある程度落ち着かせる効果があったように思う。


「天付き体操って何?」
 生徒たちから疑問の声が上がる。

 教諭は教壇から一歩横に出て、
 しゃがんだ体勢から勢いよく両手を上に突き上げた。
 ヨイサー。 掛け声付きである。


 まあ、こんな感じで何度も繰り返す、単純な体操だ。
 毎朝やっているうちに、何故だか、
 近所の住人が集まって見物するようになった。
 みんな体操を見ながらゲラゲラと大笑いをするんだ。
 はじめは格好が面白くて笑っているんだと思っていたんだが、
 日に日に見物人が増える。何かがおかしい。
 理由は後日判明した。

 ロシア語でサーは、何かしら丁寧に言う時につける言葉らしい。
 差し上げます、なんて時にも使うらしい。
 それでもってヨイはというと、アレだ、男の大事なところだ。
 大勢の日本人の男が整列して、大声でヨイサーヨイサーとやっていたわけだ。
 大爆笑だった。


 男子生徒は素直に爆笑した。
 女子は「いや〜」と言いながらも、やっぱり爆笑した。

 ちょっぴりロシア語を覚えて、音楽の授業は終わった。


     つづく


 にほんブログ村 小説ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4462: by ユーアイネット店長うちまる on 2020/08/02 at 17:12:01

8月終戦記念日。
日本人が平和を考える日ですね。

4463:Re: ユーアイネットショップ店長様 by しのぶもじずり on 2020/08/02 at 17:35:05 (コメント編集)

今月です。
テレビでも、そろそろそれ関係の番組が出てきてます。

4464: by エリアンダー on 2020/08/03 at 18:52:40

一方日露戦争で、 満州での捕虜、日本海海戦の捕虜は
全部松山に集められて下にも置かない寛大な扱いを受けたのです。
一等国として認められたい日本政府の思惑もあって。

4465:Re: エリアンダー様 by しのぶもじずり on 2020/08/04 at 17:01:48 (コメント編集)

戦国時代とかは、討ち死にか敗走か寝返りかって感じで、捕虜はあまり聞かないけど、
外国との戦争になると、捕虜の扱いは大きな問題になってくるのでしょうね。

4466: by ☆バーソ☆ on 2020/08/04 at 21:32:57 (コメント編集)

ロシア語の通訳者・米原万里さんの小説みたいですね。
こうして日本人が捕虜になっても
強制労働だとか言って謝罪と賠償金を請求しないのですから、
日本人は穏やかな民族なんだなあと思います。

4467:Re: ☆バーソ☆様 by しのぶもじずり on 2020/08/05 at 07:19:24 (コメント編集)

米原万里さんの小説は存じ上げませんでした。
機会があれば、読んでみたい気もします。

日本人が穏やかかどうかは、関係がないような気がします。
捕虜の待遇については、国際法上の問題であり、国家間の政治の問題になると思います。
日本政府がどこまでソ連に喧嘩を売れたか。ソ連政府が、どこまで世界の評判を気にするか。
それを考えると、無理だった気がします。
ソ連はなくなりました。もう、アレはソ連がやった事だ、と知らん顔をされるでしょう。

いつまでも謝罪だ賠償だとごねて、国を危うくするのは、賢い選択とは思えません。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア