FC2ブログ
RSS

丿乀

 今回のタイトルは、洒落でも冗談でもなく、立派な熟語です。

 Eテレで、千利休を題材にした番組を見ていたら、
 ノ貫という人物が出てきました。
 茶人だそうです。

 秀吉が催した北野大茶湯の野点で、直径一間半の朱塗りの大傘を立てたり、
 利休を茶会に招いて、途中に落とし穴を作って、泥だらけにしたり、
 好んで安物の茶器を使ったりと、変わり者だったらしいです。
 雪駄の意匠もこの人だという説があります。

 ノ貫  読みは へちかん です。
  読めるかい、こんな字。

 でも、文句を言うわけにも行かないようです。
 「ノ」は、ちゃんとした漢字。
 訓は ひく
 音は へつ へち
 「へつ」も「へち」も、漢字変換できません。
 カタカナの「ノ」で出します。

 「ノ」を使う熟語として登場するのが「丿乀」
 「へつぽつ」と読みます。
 意味は、船などが左右に揺れる様子。
 そうなんですよ。洒落でも冗談でもないんです。

 「丿」は、右上から左下へ。
 「乀」は、左上から右下へ。
 書法というか筆画というか、漢字の書き方からきているそうです。
 毛筆で書いてみてください。
 身体が左右にゆれるでしょ。
 そんな感じが「丿乀」なんでしょうね。
 あらまあ、洒落ですか。もしかして冗談?
 いいえ、マジです。

 利休さんのおかげ(?)で、面白い勉強になりました。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4420:へ~、ほ~。 by ☆バーソ☆ on 2020/07/06 at 06:20:32 (コメント編集)

一つ勉強になりました。
「ノ」は「へち」ですか。
糸瓜の形に似てませんか。少し曲がってぶら下がっているところが。
「へつ」なら「へっ」と言って、ちょっとのけぞっている感じ。
大辞林では、左に払うものを「へつ」、右に払うものを「ほつ」とありました。
昔の駕籠かきが「へッ、ほッ」と声を出しながら担がなかったですかね。
「々」は、漢字変換では「ノマ」で出るので、その読みで覚えています。

4422:Re: へ~、ほ~。 by しのぶもじずり on 2020/07/06 at 17:14:02 (コメント編集)

「ノ(へち)」なんて、滅多に使わないと思いますが、役に立たない雑学としては面白いと思いました。
「々」は「おなじ」で変換してます。
「ノマ」では出ませんでした。何故だろう。

いつもありがとうございます。

4424: by ☆バーソ☆ on 2020/07/07 at 20:16:58 (コメント編集)

調べたら、自分で「のま」で出るように単語登録していました。
以前使っていた富士通PCの辞書は「のま」で出たので、
たぶん、新しいPCでも自分で登録したみたいです。
でも登録しておいたほうが一発で出るので便利ですよ。
マイクロソフトのIMEでは変換候補の3番目ですから。


4425: by sado jo on 2020/07/08 at 16:35:53 (コメント編集)

何だか中国の簡体漢字を見る様で、頭に血が昇って血圧が170まで上がってしまいました(笑)
だいたい世界中に新型コロナをバラ撒いて大勢の人間を死なせた癖に、一言も謝らないどころか、逆に感染した方が悪いとほざいてる。
さらに酷いのは、各国が感染で弱った不幸をこれ幸いに、日本やインドに侵入するわ、香港を強姦するわ、やってる事は完全な犯罪です。
なので今後は、腐れ中国共産党国をテロ国家と断定し、中国人を糞支那人と呼ぶ事にします…これは差別ではなく犯罪者への蔑称です。
糞習近平=腐れ中国共産党は、香港に口出しすれば例え外国にいる他国の人間でも『香港国家安全維持法』を適用して処罰するとほざいています。
おぅ!やれるもんならやってみろ…日本の国民は日本の法に従う義務はあっても、断じて中国共産党の法などに従う義務はありません。

4426:Re: ☆バーソ☆様 by しのぶもじずり on 2020/07/08 at 16:42:30 (コメント編集)

最近は単語登録をしていませんでした。
やり方を忘れているかも。
「々」もあまり使わないので、不便を感じてないし。
でも、教えてくださってありがとうございます。
不便を感じることがあったら、思い出してやってみようと思います。

4427:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2020/07/08 at 17:05:13 (コメント編集)

血圧が爆上がりしているようですね。
170どころじゃないかも。お大事に。
「丿乀」は、日本語の熟語です。

中国は独自の発想で動いているみたいで、厄介なことになりました。
世界は自分のもの、人類は白人だけ、と考えていた西洋人が、やっと世界は白人だけのものじゃないかもしれないと気付きはじめたのに、ホント厄介なことです。

ちなみに、「支那」は本来別称じゃないですよ。
古くからある由緒のある呼び方です。
それが証拠に、英語では発音を変えて「チャイナ」と言い、世界中で通じています。
「China」は世界に通じる呼称です。
「チュウゴク」で通じるのは、日本くらいじゃないのかしら。

4428: by エリアンダー on 2020/07/11 at 07:29:16

ノヘってへのへのもへじみたいですな。
たしかに揺られて酔ってしまいそう。

「九は三和土で歔欷した」
これなんと読みますか?
私は歔欷以外は読めませんでした。
九は一字で九、すなわちいちじく、三和土は土間のたたき、
歔欷はすすり泣くこと。
翻訳(笑) いちじく氏がたたきですすり泣いた
ほんとに日本語かいと思いますよ。
「歔欷」というと、「燃えよ剣」で沖田総司のやさしい言葉に
土方歳三が「歔欷」し続ける美しい場面がありました。

4429:Re: エリアンダー様 by しのぶもじずり on 2020/07/11 at 16:27:34 (コメント編集)

「へつぽつ」を変換すると、ちゃんと出てきます。

「九は三和土で歔欷した」は読めませんでした。
三和土は読めましたが歔欷は全く読めませんでした。
使ったことがありません。
「いちじく」はとんちですよね。
エリアンダーさんの守備範囲でしょうか。
ここまで来ると、ほんとに翻訳ですね。降参です。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア