FC2ブログ
RSS

人類の天敵は

 世界中が新型コロナウィルスに苦しんでいる現状で、
 <人類の天敵は?>と問えば、
 条件反射的に<ウィルス>と答えてしまいそうです。

 しかし、そう単純な話ではないらしい。
 人間の遺伝子のうち、四割ほどがウィルス由来なんだそうです。
 人体を作る遺伝子は、2パーセントくらい。
 その他の遺伝子は、よく分かってないらしい。

 今の人類になるには、色々あったんでしょうね。

 ということで、人間は、ウィルスのおかげで出来ている?


 こんなご時世なのに、否、こんなご時世だからなのか、
 新型コロナで混乱している医療機関にサイバー攻撃が多発しているとか。
 治療に必要な患者のデータを盗んで(壊して)、
 データを返して欲しければ、金を払え。
 酷いものです。
 日本でも、コロナ関連の詐欺が横行しているんでした。

 こうなると、人類の天敵は人類!
 そう言いたくもなろうというものです。


 話は飛びます。
 一気に飛びます。

 室町時代くらいの話だったような。
 一人の旅の僧が、とあるにぎやかな町を通りかかったとおぼしめせ。
 高札が何本も掲げられた一角で立ち止まり、つぶやいた。
 「以前来た時よりも、悪くなっておるな」

 聞きとがめた人が、僧に問いかけた。
 「それは、どう言うことでございましょう。
 近頃は、町のにぎわいも増してきております。
 良くなっているように感じております」

 旅の僧の答えて曰く、
 「以前は、高札は一つ二つほどしかなかった。
 これほどに増えているということは、揉め事が増えたという証じゃ。
 少ない布令では治まらなくなったということ。
 世が治まるのなら、法は少ない方が良い」
 僧は、出家した元高名な武士だったという。


 殺そうとする人間がいなければ、<殺すな>という法は必要ない。
 騙そうとする人間がいなければ、<嘘をつくな>という法は必要ない。
 しかしながら、めぼしい宗教の戒律には、これらの戒律は欠かせない。
 ほとんどの、否、全ての国の法律にも欠かせない。
 殺人も詐欺も犯罪だ。

 法律の条文はどんどん増える。
 困っちゃうよね。

 だがしかし、と思ったりもしてしまうのです。
 ウィルスと同じなのかもしれないと。
 人間は、敵をさえ進化の糧にする。

 禍福は糾える縄の如し
 他人(ひと)の振り見て我が振り直せ
 ああはなりたくないものだ
 善人なおもて往生を遂ぐ いわんや悪人おや

 ややこしや ややこしや


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4396:悪人には往生させられます。 by ☆バーソ☆ on 2020/06/13 at 06:58:18 (コメント編集)

うーん、名文です。
最近は名エッセーが多くなりました。
なにか心境の変化など、本性を表すきっかけがあったのでせうか。(笑)

> 話は飛びます。
> 一気に飛びます。
これなんて、うまいものです。一見無駄な言葉が生きてます。

> 善人なおもて往生を遂ぐ いわんや悪人おや
> ややこしや ややこしや
これもです。韻を踏んで、結論をややこしいいで終わるのもいいですね。

> 人類の天敵は人類だ。
世に盗人の種は尽きまじ。その通りだわ。まったく、もう。
しかし、
> 人間は、敵をさえ進化の糧にする。
その通りその通り。まったく。そうしなければいけません。
しかし、
ややこしいのがまた面白くもあり、面白くなくもありのようですね。

4397: by sado jo on 2020/06/13 at 13:40:04 (コメント編集)

天敵は外にいるのではなく、同じカテゴリーに入るものの中にいる。
航空母艦が最強の軍艦だと言われる由縁は同じカテゴリーに属する他の軍艦との競争にありました。
軍艦の歴史は長い間、如何に遠くまで弾を撃って相手の軍艦を沈めるかに終始しました。
軍艦同士の撃ち合いを敢て避けて、自らは戦う事なく後方から相手を沈める発想を得たのが航空母艦です。
大きく進化して他の軍艦から抜きんでたエンタープライズと、旧態依然の発想しかできなかった大和。
勝負は最初っから決していました…同種と激しい競争をして新たな発想を得て進化した者だけに未来は開かれる。
それが負けたサルと勝ったホモサピエンスの繁栄の差です…ある意味教訓ですね。

4399:Re: 悪人には往生させられます。 by しのぶもじずり on 2020/06/13 at 15:14:00 (コメント編集)

☆バーソ☆様 いつも読んでくださって、褒めてくださってありがとうございます。

<ややこしや ややこしや>はEテレの番組「にほんごであそぼ」において、野村萬斎が言うのです。
時に子どもと一緒になって、楽しそうに繰り返し謡うのです。
お気に入りです。

4400:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2020/06/13 at 15:32:24 (コメント編集)

ふむ、天敵は身近に居る。ですか。
NHKスペシャル「人類誕生」では、ホモサピエンスがネアンデルタール人に勝って生き延びたのは、弱かったから協力し合い、共通認識を共有することに成功したから、のようなことを言っていました。
生存戦略をシステムチェンジしたんでしょうかしら。

4402:廻る廻るよ時代は廻る by miss.key on 2020/06/20 at 11:05:58 (コメント編集)

 世の中が良くなった。必要が無いので法律が消えた。すると何をやってもそれを抑制する手段がなくなった。世の中は前より悪くなった。やーねー。
 害虫を駆除するために天敵を利用する生物農薬なる概念があります。が、天敵が生存を継続するためには餌になる害虫が十分量必要でして・・・。やーねー。
 狡兎死して走狗烹らる。自己の生存意義の為には悪戯兎に生きててもらわねばならないワンコの悲哀。今日も捉まえてはいけない獲物を空しく追いかけるのであります。やーねー。
 病気の存在なしに製薬会社はありえない。病気を根絶すると製薬会社はお払い箱になる。さて、その後に病気が現れた時、誰が救ってくれるのだろう。ほんと、やだねー。

4403:Re: 廻る廻るよ時代は廻る by しのぶもじずり on 2020/06/20 at 17:29:01 (コメント編集)

蛇足になりますが、旅の僧と町の住人。どちらが正しくて、どちらが間違っているという問題じゃないですよね。

旅の僧は、一人一人が正しく修行して自立した人間になれば、法が無くてもやっていける。
それは理想論です。

町の住人が思うのは、あくまで現実的です。
町が栄えれば人が増える。よそから移住する人、旅人も増える。
違う価値観がぶつかって揉めるし、悪事も生まれる。
だから法が必要になる。
バリバリの現実主義です。

言ってみれば、どちらも正しい。理想の無い現実は空虚。現実を無視する理想は無力。
とか言ってみる。

「ファウスト」のエンディングのような光景には、絶対的な神の力が必要になるそうで、
それはそれで、私としては、納得しがたいのですが。

絶対的な力を使わない為には、相対を極めるのかしらん?
ということで、ややこしや♪

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア