FC2ブログ
RSS

くれないの影 第一章――8



「昨夜は 当家の者が迷惑をかけた。 お屋形様がお呼びだ。 一緒に来てもらおう」

 どうなるのだろう。 責められるのだろうか。
 でも、 迷惑をかけたということは、 怒っていないのだろうか。
 何にしても 行きたくない。
 怖い。
 鹿の子は 必死に首を横に振った。

「とにかく 来い」
「親方に許しを得ないと、 勝手に行けません」
「我らから話しておく。 軽業師風情(ふぜい)が 断れぬ」
 いきなり 朽葉色の被衣(かづき)を頭からかぶせられ、 強引に腕をつかんで 連れ出された。

 日は山の端にすっかり沈んで、 赤かった空が すみれ色に変わっていた。
 逢魔(おうま)が時。
 人々が 急いで屋根の下に帰る頃合だ。
 高台の屋敷に着くまで、 ひなびた町の通りには もう人影は無かった。


       *      *      *


「気味が悪い」
 御簾(みす)の中からの第一声が それだった。

 低い声だったが、 若い女の声だ。
 御簾の内は暗く、 普通よりも目の詰まった簾(すだれ)は、
 中にいる人物の おぼろげな輪郭しか通さない。

 屋敷の奥まった部屋に 無理やり連れて行かれ、
 勝手にかぶせられた被衣を 今度は勝手に剥ぎ取られ、
 怖気づいて伏せた顔を 居丈高(いたけだか)に上げさせられての一声が それだった。

 鹿の子は むっとした。
 ひどい。 ひどすぎる と思ったが、 声に出す勇気は無い。

 御簾の中にいる人物は ほとんど見えない。
 目の前に座り、 鋭い目で見据える女も 怖い。
 地味な色目の衣装を着ているが、 年のころは 三十を少し過ぎたあたり。
 人を値踏みするような 権高(けんだか)な態度は、 鹿の子たちとは違う世界の住人だ。
 落ち着かないこと はなはだしい。

「娘、 年はいくつだ」
 その女が言った。

「えーと、 十五か 十六…… か…… 十七……」
「少し化粧をすれば、 お屋形様と同じ十八に見えましょう。
 それよりも、 おまえは孤児(みなしご)か。
 自分の年もはっきりしないとは、 間抜けな話だが、 孤児ならば 都合が良い」

 この人たちの都合で なったわけじゃない。
 何を言っているのか 分からない。
 鹿の子は 早く一座に帰りたかった。
 どうにかして 早く帰ろうと思ったので、 勇気を振り絞って 声に出した。
「助けられませんでした。 力不足で ごめんなさい」

「土岐野(ときの)、 何のことだ」
「千種(ちぐさ)のことでございましょう。 その場に居合わせたとか」
 御簾からの声に 目の前の土岐野という女が答えた。
 谷に落ちた女は 千種というらしい。

「そのようなことは どうでもよい。 確かに使えそうだ。
 まずは 見苦しい身なりを なんとかいたせ。 目障(めざわ)りだ」

 呼びつけておいて 目障りだとは恐れ入った。
 だが、 それよりも
 人が一人死んだというのに、 どうでもよいというのが 頭にきた。
 同じ人間とは思えない。 いや、 同じ人間などではないのだろう。
 もはや 一刻もその場に居たくはなかった。
「目障りなようですから 帰ります」

「五葉(いつは)」
 鹿の子の言い分を きれいに無視して、 土岐野が 部屋の外に声をかけた。

 二十歳前後の 体格の良い侍女が入って 頭を下げる。
「この娘を湯殿(ゆどの)で洗いたてよ。 千種の代わりじゃ」
「あのう……帰ります」
 何をするのか見当もつかないが、 鹿の子は 誰かの代わりになるなんて 真っ平だった。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
367: by 十二月一日 晩冬 on 2012/08/01 at 00:01:56

鹿の子、とりあえず洗ってもらいなさい!
五葉さんヨロシクww

368:Re: 十二月一日 晩冬様 by しのぶもじずり on 2012/08/01 at 00:06:45 (コメント編集)

まあ、それなりに汚れてますからね。
適切なご指示だという気はします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア