FC2ブログ
RSS

くれないの影 第一章――7



 鹿の子が 舞台裏の通用口に戻ると、 囃子方(はやしかた)の 権佐(ごんざ)が居た。
 太っているせいで、 万事 動きが鈍いが、 耳聡(みみざと)い。
 音に気づいて 様子を見に出たのだろう。

「何があったんだい」
「うん」 と生返事を返して 通り過ぎる鹿の子を、 あきれたように目で追い、
 戸締りを確かめると、 首をかしげて呟いた。
「……狐にでも 化かされたのか」

 ぼんやりと筵に座り込んだ鹿の子を見て、 都茱が 藤伍を呼んだ。
「鹿の子、 何があった。
 悲鳴が聞こえたようだが、 怪我(けが)は無いか」
「怪我?  ……ああ、 あたしは 大丈夫」

「怪我は無くとも、 大丈夫には見えないねえ。 何があったのか 話してごらん」
 藤伍と都茱が かわるがわる問いかける。
「うん」
 鹿の子は ぽつりぽつりと話し出した。

 他には言うな といわれたが、 この二人は別だ。
 親と同じなのだから 他人ではない。
 順を追って話したが、
 何がいけなかったのか どうすれば良かったのか、 さっぱり分からなかった。

「可哀想にね。 だけどね、 鹿の子には どうにも出来なかったろうさ。
 身内らしき人たちにも どうにも出来なかったんだろ。
 ひよっこの軽業師なんかにゃあ 手に余る。 気に病むんじゃないよ」
 都茱が言った。

「狐にでも とり憑(つ)かれたのかねえ」
 藤伍と都茱の後ろから、 権佐がとぼけた口調で 口をはさむ。

「いや、 違うな。 『心の病』 って言ったんだろう。
 その人たちには、 そうなった心当たりが あるんだろうよ。
 鹿の子のせいじゃない。 寝ろ」
 藤伍が きっぱりと締めくくった。



 翌日、 藤伍と都茱と大男のガジは 舞台に仕掛けを作るといって残り、
 後の五人で 客寄せのため、 町を練り歩いた。
 田畑は きれいに手入れされているが、 家々は 田舎じみて粗末(そまつ)に見える。
 どれも同じような造りだから、 粗末というより このあたりでは それが普通なのだろう。

 そんな村の中を、 権佐が太鼓(たいこ)を打ちながら 興行を知らせて回った。
 鹿の子と隼人が 時折とんぼを切って見せる。
 人々の反応が良いのか悪いのか 今ひとつ 分かりにくいが、
 一行が通りかかれば みな手を止めて 振り返るところを見ると 興味は持ったようだ。

 日暮になって戻った時には、 あたりが夕陽に赤く染まって、
 舞台裏の 疎(まば)らな雑木林が  昨夜の月明かりで見た風景とは まるで違って見える。

 鹿の子は 夢でも見ていたのかと 不思議な気持ちになった。
 本当に あの人は 落ちてしまったのだろうか。
 いまさらながら 気になってくる。
 気がつけば ふらふらと 谷に向かって歩いていた。
 草木が途切れる。 その先が 切り立った谷になっているのだろう。

 枝が揺れた。
 驚いて振り向くと 男がいた。
 一人ではない。 いつの間にか 数人に取り囲まれた。

「鹿の子…… とか申したな」
 念を押されて、 小さくうなずいた。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
359: by babatyama on 2012/07/30 at 13:19:41 (コメント編集)

こんにちは
コメントありがとうございました。
字を読むのが苦手な私には
ハードルの高いブログなので
全ポチしてかえりま~す(*^_^*)

360:Re: babatyama様 by しのぶもじずり on 2012/07/30 at 13:56:24 (コメント編集)

いらっしゃいませ。
ありがとうございます。でも無理しなくて良いですよ。
読みたくなかったらスルーしてください(笑)

少しは字でも読んでやろうか、という気分になる時がありましたら、
「犬派のねこまんま」なら普通のブログ記事と変わらない短いものです。
お気軽に笑って頂けると思いますので、その気になったら、覗いてみてくださいませ。

409: by ヒロハル on 2012/08/09 at 14:00:40

おー、切りどころが毎度毎度うまいですね。
続きを読みたいところですが、今日は帰ります。
ありがとうございます。

410:Re: ヒロハル様 by しのぶもじずり on 2012/08/09 at 14:15:32 (コメント編集)

> おー、切りどころが毎度毎度うまいですね。
良かった。成功ですか。
毎度、どこで切るかは悩みどころです。

コメントありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア