FC2ブログ
RSS

クーラーのジレンマ

 殺人的な暑さが続いていますが、今日八月八日は立秋です。
 どうしましょう。

 家にエアコンがあるのにスイッチを入れず、熱中症で亡くなる方が居るので、
 クーラーをつけましょう、とテレビが言っています。
 画面では、不満顔の年配の女性が
 「クーラーを入れると、足腰が痛くて辛いのよ」
 仏頂面で訴えています。

 分かります、分かりますよ。
 クーラーって、変な冷え方をしますものねえ。
 オフィスで、夏場に膝掛けが手放せない人は、
 身に沁みて分かっていると思います。

 私も、クーラーが入る季節に、急にお腹を壊すことがあります。
 毛糸の腹巻きを作って対処しました。
 動かないでいると、足下が冷えて辛くなるので、
 毛糸でレッグウォーマーも作りました。
 動かないと腰も冷えてくるので、綿入れを腰に巻きます。
 日によって背中が妙に冷える時があって、
 暖かいベストを着ます。

 クーラーに冷やされた部屋の中で、それらの完全装備を身につけると、
 大いなる矛盾を感じます。

 しかしながら、クーラーを入れないと熱中症で死ぬとなれば、
 笑い事ではありません。
 困ったものです。


 昔住んでいたアパートでの体験を語ろうと思います。
 アパートは住宅地の真ん中にありました、
 周りのお宅には緑豊かな庭を造っているところも多く、
 私の住むアパートは古かったので、蔦に覆われていました。
 そのせいで、夏場も過ごしやすかったです。
 私の部屋は二階の角部屋で、窓を開けると風がよく通りました。
 日中は、ほとんど仕事で留守でしたから、クーラーの必要を感じませんでした。

 ちょうど今頃でしょうか。
 夏の甲子園シーズンでしたから。

 平日休みになることが多かった私が、たまたま土日に休んだ時のことです。
 周囲の家々から、テレビの高校野球実況放送が聞こえてきました。
 時おり、あちこちから応援する生の野太い声が混じります。
 びっくりしましたが、うるさいほどではありません。
 窓を閉め切って、クーラーをガンガンかけて、
 ビール片手に熱狂していたお父さんたちでしょう。

 その日は、耐えられないほどの暑さを感じました。
 けして暑苦しいお父さんたちの声のせいではないと思います。
 明らかに気温が上がっていました。

 そんなこんなで、お盆になりました。
 周囲の家の多くが留守になりました。
 帰郷やら旅行やらに旅立ったようでした。
 静かでした。
 クーラーをはじめ、電気製品が立てる音が激減しました。

 時おり吹く風に秋の気配を感じました。
 気持ちの良い夏の終わりの風でした。

 皆さんが戻ってくると、暑い夏も戻ってきました。

 ヨーロッパも今年は暑くて大変らしいです。
 日本ほどクーラーが普及していないようです。
 クーラーを増やさないように運動している人も居るようです。
 私も、出来るものなら賛成したいです。
 周囲がクーラーをつけているかどうかで、気温がかなり違います。
 室外機が出す熱風をご存知でしょう。
 あの熱風は気持ち悪いですよねえ。


 大きなビルの空調を止めるわけにはいかないでしょう。
 大勢の人が集まる場所にエアコンは必要です。
 今更無かったことには出来ない。
 だから机上の空論です。

 もしも、都心のクーラーを全部止めたら。
 夏の暑さで有名な熊谷は、涼しくなるかもしれません。

 都心の熱風が海風で押しやられて、
 熊谷に行ってしまっているらしいですから。

 皆様、今日は立秋です。 


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4238: by sado jo on 2019/08/10 at 11:03:20 (コメント編集)

分かりますよ~…人の身体は普通に動いてても36.5℃の熱を発する暖房機と同じですからね。
だから冬場でも人ごみの中に入ると寒さを感じない…それを機械で無理に冷やそうとするから、E=mc2で周囲の温度が上がる。
50年後には日本の都市部の夏の平均気温は摂氏40℃になるそうで…尤もそれを体験できるまで生きてたらの話ですが(笑)

4239:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2019/08/10 at 16:03:01 (コメント編集)

何はともあれ暑いです。
いやになるほど暑いです。
勘弁して欲しいなと思います。

4240:生物 by on 2019/08/12 at 09:49:55 (コメント編集)

東南アジアではいつも40℃になるそうですが。

熱中症の患者は出ないそうです。

暑さに体が適応しているから。

環境に生物的に適応しているので。

熱中症は無いとのこと。

イラク地域でも熱中症が無いらしいです。

文明も進めば進むほど。

環境に適応できなくなったりして。

もしそうなら。

皮肉ですね・・・。

4241:Re: 生物 by しのぶもじずり on 2019/08/12 at 18:39:50 (コメント編集)

ナゾラー様、いらっしゃ〜い。
生物は環境に適応出来たものが生き延びてきたわけで、世界中に生息している人類は、本来適応力が強いはずですものね。
東洋人に一重まぶたが多いのは、氷河期を生き延びて進化したかららしいですし。
人工的な環境が適応力を奪っているのかもしれませんが、一方で自然を人工的に変化させているのも人類。
悩ましいことです。

4242:太平洋セメント熊谷工場 by miss.key on 2019/08/14 at 09:00:52 (コメント編集)

 熊谷の熱さの秘密は太平洋セメントの工場にあり。あのセメントを焼くでっかい炉から発生する熱の量はローストビーフを一時間でこんがり焼ける素晴らしさですぞ。なんのこっちゃ。

4243:Re: 太平洋セメント熊谷工場 by しのぶもじずり on 2019/08/14 at 17:27:20 (コメント編集)

セメント工場ですか。知りませんでしたが、よほど大きな工場なのでしょうね。
なんにしても、熊谷の暑さの原因は人間ということですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア