FC2ブログ
RSS

くれないの影 第一章――6



「どうしたんですか。 人を呼びますから しっかりして」
 だが、 女は 片手で鹿の子の足元をつかんで、 いやいやをするように頭を振り、
 いっそう怯(おび)える。

 困った鹿の子は、 とりあえず抱き起こそうと かがんで女に手を添えた。
 地面に手をつき、 がくがくとしながらも ようやく頭上げて 鹿の子に振り向けた顔が、 いぶかしげにゆがみ、
 ついで、 おそろしくゆっくりと開いた口から 悲鳴が上がった。
 抜けたような腰をふらふらさせながら 鹿の子を突き飛ばし、
 両手を振り回して 追い払いざまに、 こけつまろびつ逃げ出した。

 鹿の子は 何が起こったのか分からなくて、 呆然と立ちすくむ。
 助け起こそうとしただけなのに、 何が 女を怯えさせたのかが分からない。
 何か いけないことをしたのだろうか。

 女が逃げた先を 目で追っているうちに、 はっと気がついた。

「いけない。 そっちに行ったら駄目だ! 
 危ない。 止まって。 何にもしないから 止まって」

 留守番の老人が言っていた。
 そっちは谷だ。
 落ちたら 死んでしまう。
 だが、 鹿の子の大声が さらに女を怯えさせた。
 ヒーッと悲鳴交じりの叫びを上げて、 女は さらに突き進んでいく。
 言葉では止められない。 つかまえて引き戻すしかない。
 鹿の子は 追いかけた。

 後ろから走ってきた誰かが 鹿の子を追い越そうとしたした その時、
 すべり落ちる音とともに 絶叫が聞こえ、 すとんと遠くに消えていった。

 立ちすくんだ鹿の子の横に、 男が立ち止った。
 女を追いかけてきた様子だ。
「くっ、 落ちたか……」

 鹿の子に その男が何者なのか などと気にする余裕はない。
(なに、 あたしのせいなの?  どうして、 何故?)
 冷え込む夜だというのに、 いやな汗が噴出した。

 松明(たいまつ)を持った男を含めて、 さらに数人が 駆けつけた。
 皆、 袖と袴の裾を括(くく)った 直垂(ひたたれ)姿だ。
 その中の一人が 軽い舌打ちをし、 鹿の子の肩をつかんで 振り向かせる。
「おまえは 何者だ」
 松明に照らされた鹿の子を見た男は、 目を見開くと 数歩あとずさった。

「軽業一座の……鹿の子……と……いいます」
 問われるままに答えてしまったが、 じわりと心配になってきた。
 どうしよう。 罪を問われるのだろうか。
 止めようとしたのに、 止められなかった。 分かってもらえるだろうか。

「後は われわれが始末する。 おまえは行け」
 鹿の子は ほっとして 力が抜けた。
 男は 動こうとしない鹿の子を目でうながし、 付け加えた。
「このことは 他には言うな。
 心の病に取り付かれた娘が、 乱心して暴れたのだ。
 家の恥になる。 きっと口をつつしめ。 よいな」

 鹿の子は小さくうなずいて、 のろのろと引き返した。
 ちらりと振り向くと、
 松明を持った男と もう一人が、 女が消えた方角に向かって行くのが見えた。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
353:いいですね by じゅべ です on 2012/07/28 at 19:05:02

しのぶもじずりさま
こんばんは!
いつも思いますが、軽妙だけど入り込んでくる文体ですね。
それに視覚的にもイメージが浮かびます。
感心しております。
さあて次の展開が楽しみです(^-^!。
じゅべ








354:Re: いいですね by しのぶもじずり on 2012/07/28 at 19:50:34 (コメント編集)

じゅべ様 ありがとうございます。

じゅべさまの作品、良い所で切れますよね。次がすごく気になる。
そのあたりを見習いたいと思います。

355:記事とは関係ないのですが・・・ by フィスティー on 2012/07/29 at 12:02:29

こんにちは
はやとうりさんのブログにお邪魔して、しのぶもじずりさんの名前に目が留まりました。
モジズリってネジバナだし
私も、ドジョウインゲンと呼んでいるものですから。
ちなみに、きぬさやを、さやいんげんと呼んでいます。
この猛暑、どうぞお大事に。
また、お寄りします。   (^.^)/~~~

356:Re: 記事とは関係ないのですが・・・ by しのぶもじずり on 2012/07/29 at 13:07:40 (コメント編集)

はじめまして フィスティー様。ようこそいらっしゃいませ。

ネジバナ好きなんです。どこにでも生えてそうなのに、花壇に植えても育たない。
ありふれているのに、腐生植物というややこしい植物。
おまけに、花がネジネジ。ちなみに、私の性根は真っ直ぐなつもりです。

ドジョウインゲンでも間違いではないですよね。
野菜の名前って、地方や産地によっていろいろあって、意外に難しかったりします。。

本当に暑いですね。
私もおじゃまさせて頂きます。「物語と雑文」をどうぞごひいきに。

357: by lime on 2012/07/29 at 14:47:09 (コメント編集)

どんどん物語が展開し、面白くなっていきますね。
テンポがすごくいい。
鹿の子の人並み外れた能力も気になるし、今回起こった騒動も気になります。
いったい、何に巻き込まれてしまうのか。
このあとも楽しみにしています。

358:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/07/29 at 18:30:59 (コメント編集)

> どんどん物語が展開し、面白くなっていきますね。
> テンポがすごくいい。
オープニングが地味だったかな、事件が起こるまで大丈夫かな、
と少し心配でしたが、そう言って頂けるとホッとします。

いよいよ巻き込まれます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア