FC2ブログ
RSS

立ち話も楽し——俳句・短歌・謡曲・詩吟・226事件

 先日買い物に出た時、途中の道で年配の女性と立ち話になりました。
 何がきっかけだったのか覚えていませんが、盛り上がりました。

 師範学校を出て教師をなさっていたそうで、御年94歳とのことでした。
 姿勢良く、しゃっきりとした立ち姿で、
 長いこと立ち話に興じていらした大先輩は、毎日歩いているらしい。

 歴史に興味があるとかで、226事件が気になって調べているんだとか。
 けっこうな早口で、次から次へと話題も変わってすごかったです。
 大戦前後の報道の嘘八百には、たいそうお怒りのようでした。
 まさに生き証人です。
 家に帰ってから計算したら、226事件の時には二十歳か二十一歳になります。
 でも事件は、当時五キロ離れた場所にいた人たちも気がつかなかったという証言もあり、
 同時代にいても、よく分からない事件だったのでしょうか。

 空襲の時は、師範学校の寮にいて助かったとのことでしたが、
 その頃は先生だったのでしょう。

 今は、短歌や俳句をなさっていて、入選した句を聞きましたが、
 私は耳で聞いても良さが分かりませんでした。
 私は、どうやら文字人間のようです。
 筆記用具があれば、書いてもらったのに残念。

 謡曲や詩吟もなさっているとのことで、
 二人で「川中島」の有名な下りを、大声で吟じました。
 はた迷惑だったかもしれませんが、楽しかったです。


 息子さんは、死に水を取る気はないから施設に入ってもらうと明言しているそうです。
 アメリカに留学して英文学者になったそうで、
 大学で教鞭をとっているらしい。
 アメリカかぶれになって、話が合わないと言ってました。
 「アメリカなんか、出来てから二百年しか経ってないんですから、
 たいしたもんじゃないですよ」と二人で気勢を上げて別れました。

 親子で丁々発止をやっているのでしょうか。
 たいへん元気な大先輩でした。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4138:粛々と。 by ☆バーソ☆ on 2019/03/12 at 18:37:50 (コメント編集)

言われて思い出しました。高校生の頃かな、
「鞭声粛粛 夜河を過る~流星光底 長蛇を逸す」
と、よく吟じた、いえ、単に大声を張り上げたものです。

あの頃は、一校寮歌も好きでしたね。
「嗚呼玉杯に花受けて~緑酒に月の影やどし」
と、よく歌ったものです。

大学に入ってからは好みがアメリカンポップスに変わり、
「Where have all the flowers gone?」
なんて、ブラザーズ・フォアの歌をうたったものです。

教師をしていて、御年94歳ですか。
私もその年になっても気勢を上げたいものです。
とりあえず気持ちだけは元気でいたいものです。

4139: by ROUGE on 2019/03/12 at 18:51:54

そういえば伊豆からの帰り
道すがらで「226事件で〇〇の自決した地」などという
標識があって何とも言えなかったわ(^^;

4140:Re: 粛々と。 by しのぶもじずり on 2019/03/12 at 23:55:51 (コメント編集)

はい、べんせいしゅくしゅく〜 というあれです。
詩吟を良く知らない人でも、そこだけは知ってるというくらい有名ですよね。

謡曲の「高砂や〜」とか、
一高寮歌もその類いでしょうか。
何故か知ってる。

そういえば、
「吟じます……あると思います」
と、色っぽい詩吟ネタで流行ったお笑い芸人は、すっかり見なくなりました。
噂では、詩吟の流派を破門になったとか。
もうやれないのかしら。

4141:Re: ROUGE様 by しのぶもじずり on 2019/03/13 at 00:11:04 (コメント編集)

226事件では、ほとんどが投降したんじゃなかったでしたっけ。
よく知りませんでしたが、伊豆方面で自決した人が居たんですね。
なんと言いましょうか……。
お花見の帰りに、人が散った場所に遭遇するとは。

4142: by sado jo on 2019/03/13 at 14:01:44 (コメント編集)

わはは「大本営発表」ですか…確かに嘘八百の報道の元凶でしたからねぇ(笑)
元来「大本営」は、戦争など国家の緊急時に議会の承認を待ってては遅くなる軍事行動を、軍の独断で速やかに遂行できる様に設置
された事態対処機関です。
なので、事態が終息したら解散するのが決まりでした…それを何を血迷ったか?満州事変を皮切りに常駐機関にしてしまいました。
そのせいで「大本営」は帝国議会を完全に無視して、常時、自分達の独断で軍事行動ができる様になってしまったんですね。
シビリアンコントロールを失った日本軍は、それ以降、黒を白に塗り替え、負けても勝ったと吹聴し、軍に都合のいい情報しかリークしなくなりました…とさ(笑)

4143:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2019/03/13 at 18:17:52 (コメント編集)

シビリアンコントロールを失くしたことを考えると、
226事件は、やっぱり影響が大きかったんでしょうね。
中途半端に成功してしまった。
むしろ大失敗か大成功のどちらかだったら、なんとかなったのかしらん。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア