RSS

くれないの影 第一章――3



「生まれ月が分からんし、 あの時は ぐったりして ひどい有様だったからなあ。
 たぶん 六つか七つか そこら辺だと思ったが、 以前のことは 何にも覚えていないみたいでなあ。
 はじめのうちは 黙りこくったままだったから、 口が聞けないのか と思ったほどだ」

「九年前に 六つか七つなら、 今は十五か十六か。 よく育ったものだね。
 しっかりして見えるから、 もう一つ二つ上かと思ってたよ。
 じゃあ、 ここで軽業(かるわざ)をするのは 二度目なんだね」
 食うものも無い育ち方をしていたとか、 ひどい虐待(ぎゃくたい)を受けていたとしたなら、
 八つだったとしても 不思議はない、 と藤伍は思い至った。
 赤い鹿の子の三尺帯(さんじゃくおび)を締めていたから、 貧乏には見えなかったが、
 帯以外は 裂けて 汚れて 捨てるしかなかった。
 それで なんとなく 鹿の子と呼ぶようになったのだ。

「いや、 軽業は初めてだ」

 藤伍は 元々妖術使いのまね事を 見世物にしていた。
 藤伍は 手妻(てづま)と呼んでいたが、 にせ者だから 種や仕掛けは ちゃんとある。
 だが 本物と勘違いされて、 面倒に巻き込まれることが 度々あり、
 女房の都茱が 足芸をよくしたこともあって、 軽業師を集めて 出し物を変えたのだ。

 足芸は、 仰向けに寝た格好で 樽(たる)やら箱やらを足で自在(じざい)に操(あやつ)る。
 木枠に表裏で色違いの紙を張った襖(ふすま)のようなものを 縦にしたまま くるくると回す芸は、
 今も 一座の人気演目だ。
 藤伍は 客を喜ばせるやり方を心得ているし、
 時折 手妻の目くらましを絡(から)めた工夫で 結構な人気になっていた。
 九年前にもここに来たのは、 藤伍夫婦と 大男のガジだけだ。
 もう一人居たが、 今は抜けている。


 舞台は 郷の西はずれにあった。
 天井も高く 大きい上に、 橋掛かりまである豪勢な造りだった。
 大掛かりな歌舞音曲(かぶおんぎょく)も かけられそうだ。
 後ろには 楽屋がいくつか付いていた。
 客席は露天で、 客を集める時には 筵(むしろ)でも敷くのだろう。 きれいに整地されている。

「妖術使いの先生だね」
 留守番と掃除人として 舞台脇の小屋に住んでいる老人は、 藤伍を覚えていた。

「やあ、 覚えていてくだすったんですね」
「そりゃそうさ。 あんなに面白いものは めったにお目にかかれない。 忘れられるもんかね」
「今は 軽業(かるわざ)一座なんだが、 また使わせてもらえるだろうか」
「大丈夫だろ。 しばらくは何もやってない。
 前の領主様が亡くなってからこっち、 寂しいもんさ。 ここのところ 火が消えたように暇だ。
 おまえさんなら問題ない。 差配(さはい)さんには 明日あいさつに行けばいいだろう。
 宿を取ってないなら、 荷物もあることだし、 今夜は 楽屋に泊まっちゃどうだい。
 屋根があるだけで 宿屋のようには行かないが、 山を越えて来たんだ、 疲れてるだろう。
 先生なら かまわんよ」

「ありがたい。 野宿も珍しくない稼業(かぎょう)なんでね。 屋根があるだけで大助かりだ」
 最低限の食料と椀(わん)は持ち歩いていた。
 もの置き場には 真新しい筵(むしろ)も積んである。
 老人の小屋で 竈(かまど)を借りれば 不自由はない。
 渡りに船 とばかりに 荷を楽屋に運び込んだ。

「そうだ、 先生はご存知だが、 初めて来た人たちは 用心しなさいよ。
 この先には 行かんようにな。
 しばらく行くと 深い谷が口を開けている。
 暗くなったら 特に危ないから 近寄るんじゃないよ」

 老人は 舞台の後方を指差した。
 そこには 疎(まば)らに生える貧弱な木立と 草が生い茂っているだけだ。
 まさに この郷の端(はずれ)にあたる。

「おお、 そうだった。
 昼間見ても 目を回しそうに切り立っている。
 鹿の子、 隼人、 無茶するなよ。 分かったな」

 隼人は 素直に頷いたが、 鹿の子はちょっとふくれた。
 親方は いつまで子ども扱いをする気だろうと、 不満が顔に出る。
 紫苑が くすりと笑う。 そういうところが まだ子どもだ と言いたげだ。


戻る★★★次へ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
347: by lime on 2012/07/26 at 18:16:19 (コメント編集)

手妻というのは、どこかで聞いたことがあります。
水芸でしたっけ(全然ちがったりして)

今のところ、少し気の強い鹿の子ちゃんが中心人物ですね。
もう、けっこうなお年頃。
これから出てくる人物と、どんな展開になるのか、楽しみにしています。

348:Re: lime様 by しのぶもじずり on 2012/07/26 at 18:40:10 (コメント編集)

> 手妻というのは、どこかで聞いたことがあります。
手品の古い言い方です。
水芸も、ある意味手妻の一種でしょう。

鹿の子、若いのに年齢不詳です。
この物語の主役を張ります。応援してやってください。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア