FC2ブログ
RSS

「信用」という価値観

 銀行が、近頃ヤバい事をやっているらしい。
 年より相手に「外貨預金」などを勧めまくっているらしい。
 外貨関連は手数料が高いので、手数料稼ぎだとか。

 何故かというと、企業が金を借りてくれないらしい。
 儲けを内部留保して、借金をしないようにしているらしい。

 ただでさえ利息を高く取れないから、銀行は収入が無い。
 手数料稼ぎでもしないと経営が困難らしい。

 テレビで言っていたけど、
 中には、子どもが、親のためにと安定的な資金運用させていたものを、
 契約解除させてまで外貨預金に替えさせたと怒っている人がいた。

 年寄りは、よく分からないけど銀行さんが勧めてくれたからと、
 簡単に了承したらしい。
 長年にわたって銀行を信用してきた人たちだ。
 そういう人たちをターゲットにして、手数料を稼いでいる。

 まずい事態だ。

 そもそも、外貨預金で儲かるということは、
 外貨を発行している国が好景気で、
 自国が不景気だと大儲けできるわけで、
 それでも儲かればうれしいのかもしれないけれど、
 手放しで喜べない。
 少なくとも私は嫌だ。

 銀行さん、なにやってんの。

 だいたい企業が内部留保を増やしているのは、
 いざという時に、
 銀行から借りなくてもいいように備えているからではなかろうか。
 借りたあげくに「貸しはがし」されて、窮地に陥らない用心ではなかろうか。
 すでに、企業は銀行に不信感を持っているのかもしれない。

 一昔前までは、銀行は絶大な信用を得ていた。
 銀行が融資したんだから、あの企業は大丈夫だろう。
 そこまで信頼されていた。
 「信用」のシンボルだった。
 今、それを手放そうとしている。

 私は金融については素人だ。キッパリ。
 だけど思う。
 銀行が信用を失くしたら、
 銀行だけではなく、社会全体の問題に波及しそうで怖い。

 日本のために、銀行は「信用」を取り戻して欲しい。

カラスの気分★★★「信用」という価値観 2

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3945: by sado jo on 2018/01/10 at 14:09:39 (コメント編集)

シビアな目で見れば、銀行も企業なのです…なので利潤を求めます。
そもそもの原因は、政府が「ゼロ金利政策」を取った事にあります。
それが玉突き状態になり、企業は資金をプールし、銀行が出口を求めて足掻いた結果です。
内政にせよ、外交にせよ、何かをいじると、それが連鎖的な化学反応を起こすのが近代政治の難しさですね(笑)

3946:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2018/01/10 at 18:32:42 (コメント編集)

「ゼロ金利政策」が原因だとしても、
金融のプロなんだから、素人相手に手数料稼ぎなんかしないで、やりくりして欲しいものです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア