RSS

もはや外来語とは言えない

 前の記事は言葉足らずだったようです。

 ポルトガルから「タバコ」や「ボタン」「ガラス」が入っている
 というコメントをいただきました。

 ポルトガルからはいろんな物が伝わりました。
 カステラやカルタもそうだったように思います。
 物には名前があり、現物が受け入れられれば名前も定着します。
 でも、それは言葉の問題というより、物自体の手柄のように思います。

 「すし」や「ラーメン」が外国に伝わったのは、
 美味しかったからです。
 寿司やラーメンが消えれば、名前としての言葉も消えるでしょう。

 現代日本では、とてもたくさんの外来語が飛び交っています。
 ファンタジーワールドで繰り広げられるミステリアスなストーリー。
 ルールに従って、ミッションをコンプリート。
 デザインのコンセプトを説明して、スポンサーのコンセンサスを得る。
 今流行の、都民ファースト。
 おいおい、いい加減にして欲しいと思うほど氾濫しています。

 元が横文字のカタカナは、外来語だと認識できます。
 中国系になるとややこしいので、ちょっと置いておきます。
 漢字表記で音読みする単語や熟語は、中国系の外来語が多いですが、
 全部じゃないのがややこしいです。
 「共産主義」が日本製で、中国に輸出した言葉と聞いたときは、
 吃驚しました。


 それはさておき、前の記事に書いた件です。
 「コネクション」とか「サボタージュ」とかは、
 明らかに外来語です。
 それが変化して、
 戦国時代のドラマで
 「これって、コネになりますかね」と言っていたり、
 江戸時代設定の時代劇で、親分が手下に
 「てめえら、サボってんじゃねえぞ」と叱ったりしても、
 うっかり聞き逃しそうなほど日本語に馴染んでるのが、
 興味深い現象だと思ったのでした。
 言葉は生きているということなのでしょうね。


帰化言語★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3892:http://barso.blog134.fc2.com/ by ☆バーソ☆ on 2017/10/18 at 21:53:57 (コメント編集)

1049年に成立した「中華人民共和国」という国名のうち、純粋の中国製漢語は
「中華」だけで、「人民」も「共和国」も日本から輸入した日本漢語とのこと。

「哲学」「科学」「資本主義」「帝国主義」は、韓国で使われているそうです。

しかし日本の元号は、相変わらずの漢文由来ではなく、
万葉集や古今集あたりから採って、「めぐみ」とか「いこい」とか、
柔らかい響きの大和言葉にしたらどうでしょうね。
重々しさがちょっと薄れそうではありますが。

3893: by sado jo on 2017/10/19 at 14:24:54 (コメント編集)

縄文時代の日本人は間違いなく今と同じ文法を使っていたと思われます。
名詞と動詞が逆の言葉を使うのは、朝鮮系扶余族とアイヌの先祖であるツングース系民族です。
源はその辺りでしょうね…だが弥生系の中国人が入ってきて、公文書は中国江南語で記録されるようになった。
発掘品の中に、庶民に通達する為に翻訳したものもあるので、庶民は別の文法(言語)で話していたのでしょう。
大和時代から、整合性を取る為の長い苦闘があったと思います。平安時代のカナ文字の登場によって今の日本語の基礎が出来たと私は思っています。

3894:Re: http://barso.blog134.fc2.com/ by しのぶもじずり on 2017/10/19 at 18:53:11 (コメント編集)

☆バーソ☆様こんばんは。
大和言葉の元号! 素敵なアイデアです。
でも、公称2677年がとこ漢文でやってきましたから、変更するのは難しそう。

近頃は日本語を学ぶ外国人も増えた印象があります。
日本語もがんばっているようで、外国語が苦手な私はうれしいです。
いっそ、世界共通語が日本語にならないかしらん♪

3895:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2017/10/19 at 19:03:51 (コメント編集)

sado jo様は、言語の基本は書き言葉だと考えていらっしゃるのですね。
私は話し言葉だと思っています。

漢字の音を利用した当て字の「万葉がな」を使って書かれた万葉集は、文学だと思います。
文学が生まれるには、言語の基礎ができていないと無理なんじゃないでしょうか。
その時点で、話し言葉としての日本語は、完成していたと考えています。
公文書が漢文なのは、現代でも研究論文を英語で書くようなものだったのではないかしら。

3896:ちゃんす到来じゃ!! by miss.key on 2017/10/22 at 00:02:23 (コメント編集)

 世は戦国、生き馬の目を抜く戦乱の時代。尾張に突如として現れた風雲児。名を信長と言う。
「者共、今川義元は桶狭間じゃ。千載一遇のチャンス逃すでないぞ!!」
「信長と言えば稀代の大うつけ、手を結んでもメリットが有るとは思われませぬ。」
「拙僧が戦のノウハウを伝授してしんぜよう。」
 年末本格時代劇「信長の野暮」撮影快調!!(笑

3897:Re: ちゃんす到来じゃ!! by しのぶもじずり on 2017/10/22 at 17:46:05 (コメント編集)

ありそうで怖いわ。
ゲームの「信長の野望」をちょこっとやったことがあります。
桶狭間の戦いで負けました。トホホ。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア