RSS

帰化言語

 昨日「アシガール」というテレビドラマを見ました。
 走るのが得意な女子高生が、タイムトラベルで戦国時代に飛ばされ、
 足軽になって、若君のために走り回るという話です。

 その中で、足軽に取り立てられようとがんばっている時、
 「これって、コネになりますかね?」
 という台詞があり、家臣の爺様に普通に通じていました。
 戦国時代設定の会話です。
 ありゃ。

 「コネ」はコネクションの略です。
 すっかり日本語化したんだなあと思いました。
 「サボる」と同じですね。
 「サボる」はサボタージュから出てきた言葉です。

 こうやって帰化し、日本語になった言葉は他にもありそうな気がします。

戻る★★★次へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3888:こうやって帰化し、日本語になった言葉 by レインボー on 2017/10/17 at 08:05:10

>こうやって帰化し、日本語になった言葉は他にもありそうな気がします。

〇こうやって帰化し日本語になった言葉、ですが、大変興味深いところです。
 私ことですが、マレー系言語で日本語になった言葉を研究中です。
 遠い昔の話ですが、「いとおかし」という古典語があります。この「いと」はマレー語で「たくさん」という意味で、もしかしたら、と思っているところです(笑)。
 草々

3889:Re: こうやって帰化し、日本語になった言葉 by しのぶもじずり on 2017/10/17 at 17:38:11 (コメント編集)

レインボー様こんばんは

ほほう、これがほんとの いとおかし。
面白いです。

日本語には、ポリネシア系の言語の影響があるという説もあるみたいです。

3890: by sado jo on 2017/10/17 at 23:37:13 (コメント編集)

古代日本人の原語が何語だったかは、未だに明らかになっていません。
が…少なくとも弥生時代からは、遺跡の発掘物を見る限り中国江南の言語が使われていたようです。
今の様な日本語の原型になったのは、やはり平安期のカナ文字からでしょうね。
そのカナ文字は女性が発明したものだと習ったんですが、カナ文字のお陰で外来語が受け入れやすくなった。
「タバコ=煙草」「ボタン=釦」「カッパ=合羽」「ガラス=硝子」…これらは皆戦国時代にポルトガル人が齎した言葉です(笑)

3891:Re:sado jo様 by しのぶもじずり on 2017/10/18 at 19:16:48 (コメント編集)

書き言葉として残っている古いものは漢字表記ですが、
大和言葉は、中国語とは別物のように思います。
文法も全然違いますし。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア