RSS

情報という娯楽


 大手の新聞社は株式会社みたいです。
 企業ですから、収益とか採算とかは大事。
 知りたいと思う人が少ない情報は、お金になりません。
 欲しいと思える情報を発信しなければ。

 情報は立場によって、見え方や意味が違います。
 芥川龍之介作「藪の中」の如し。

 たくさんの情報から取捨選択するには、
 そのための立場を構築する事になります。
 立場が明確でなければ、選べませんもの。
 私たちに届く情報は、誰かが選んでいるのです。

 大阪のスポーツ新聞みたいに、
 分かりやすい立場があれば、楽なのでしょうけど。

 大手の新聞社は、どんな立場で情報を選んでいるのでしょうか。
 私の勘による推論ですが、
 <弱きを助け、強きをくじく、正義の味方>
 という感じなのでは?
 分かりやすくて、受けが良い。
 読者をつかめそうです。

 そうです。右とか左じゃないのではないかと。

 だから、大企業はとりあえず叩く。
 権力者は、業績の善し悪しにも関係なく、とりあえず非難する。
 有名人は、プライベートでも暴く。
 金持ちは悪い。
 底辺に居る人や貧乏人がむちゃくちゃやったら、
 社会が悪い。

 そういう事なんじゃないかと思います。
 だから、ただの不良がカツアゲしたことより、
 有名人の交通違反の方が大きな記事になったり。


 「支店長はなぜ死んだか」という本があります。
 誤報で、一人の人間を死に追いやった事件について書かれた本です。

 まさに、新聞が
 <弱きを助け、強きをくじく正義の味方>になろうとして起こった事に見えます。

 一流大学を出て銀行の支店長。
 そんなエリートが、障碍を持つ我が子を、故意に餓死させた。
 格好の獲物です。
 全くの事実無根だったらしいですが、大々的に報じられた結果、
 逮捕されました。
 亡くなった子の母であり被疑者の妻が、
 取材記者に何度否定しても、一行も記事にならなかったらしいです。

 我が子を失くした人なら、想像できるのではないでしょうか。
 必死に世話をしていた我が子が亡くなっただけでも、
 精神的に参っていたと思われますが、
 殺人の汚名を着せられた。
 生きる気力を失っても不思議ではありません。
 裁判所からの帰りに、電車に飛び込みました。

 記者と新聞社は、思い込みで正義の味方になったつもりだったのでしょうが、
 正義の味方は、責任重大なのです。


 受け手の私たちは、送り手の意図が必ずあると思うべきです。
 情報を選ぶ時点で、意図があります。
 その上で、嘘を見つけなければならないようです。


 一つ前の記事に書いた「爆弾三勇士」のねつ造記事は、
 読者に熱狂で迎えられました。
 ねつ造記事は、商売になったのです。
 読者も注意しないと、知らずに共犯者になってしまう危険があります。

 丸ごと信用せずに、話半分、いえ三割くらいに思って、
 冷静に対処しなくてはならないのではないでしょうか。


偏向報道は今に始まった事じゃないですよ★★★ご町内の皆様がお怒りです

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3874: by sado jo on 2017/08/23 at 14:27:54 (コメント編集)

自分が業界に在職中に、顔を知ってるマスコミ関係の方が四人自殺されました。
TVディレクター、新聞編集長、映画プロデューサー、事情は様々ですが何か追い込まれていた様です。
マスコミの方々は、何かあると自分で責任を取る様ですが、政治の世界では秘書が責任を取る慣習がある様です。
「このハゲ~っ!」と、責任を取らない代議士に怒鳴られながらがんばってる政策秘書さんに同情を禁じえません(笑)

3875:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2017/08/23 at 18:13:59 (コメント編集)

自殺はいけません。
できるなら、生きて同僚や後輩が同じ目に遭わないように、
忠告や指導をするなり、改善の方法を模索するなりしていればと思います。
部外者の勝手な意見かもしれませんが、自殺はいけません。

あと、安いドラマじゃないんですから、
政治家の世界に、秘書が責任を取る慣習なんか無いと思いますよ。
議員も秘書も様々居るようですが、
中には地元の後援会から推薦されたけど、全然使えな〜い、
なんて秘書も居ると聞いた事があります。
罵声を浴びせるのはやり過ぎかもしれませんけどね。

3876: by 声なき声 on 2017/08/23 at 19:33:41 (コメント編集)

メディアは、ことあるごとに「権力の監視役」をみずからの使命であると発言しています。
しかし、大事なのは、事実を報道することであって、反権力であるかどうかはその次の問題だと思います。

ちなみに、新聞社は規模が大きい会社であっても、なぜか上場していません。
何か不都合なことでもあるのでしょうか。

3877:Re: 声なき声様 by しのぶもじずり on 2017/08/24 at 18:52:52 (コメント編集)

「権力の監視役」と思っているなら、自己認識を間違えているのでは。
監視できているようには見えません。
やっぱり、見境無く、強いものを貶め、弱いものを擁護しているだけに見えます。

株の事はよく知りませんが、上場すると、どんな人や組織が株主になるか分からなくなるし、乗っ取られる危険があります。
増資を考えないなら、上場する必要もないのではないでしょうか。
よく分からないけど。

3878:お金をくれるところが正義 by miss.key on 2017/09/11 at 08:01:56 (コメント編集)

 マスコミが社会の監視役というのは嘘ですな。彼らの正義はスポンサーです。スポンサーが黒と言えば黒、白と言えば白。無論、金の切れ目が縁の切れ目。嘗てのスポンサーであっても、金が出せないなら遠慮なく叩いてますな。

3879:Re: お金をくれるところが正義 by しのぶもじずり on 2017/09/11 at 18:15:00 (コメント編集)

miss,key様 こんにちは
スポンサーかあ。
テレビやラジオは大変だと聞きました。
清涼飲料水メーカーがスポンサーだと、ドラマで水やお茶を飲んでもいけないらしいですね。
新聞はどうなんでしょう。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア