RSS

何を考えているのでしょう 謎です


 北朝鮮が騒ぎを起こしているようです。
 アメリカ合衆国に喧嘩を売るなんて、
 何を考えているのか、さっぱり分かりません。

 まるで、
 戦前の日本の軍国主義の悪いところばかりを無節操に抜粋して、
 出来の悪い物まねをしているみたい。
 と、ここまで考えたところで、
 あ〜らら、おかしなことを思いついちゃいました。

 まさか、まさか、
 アメリカに喧嘩を売って、
 上手いこと負けて、占領されて、
 ギブミーチョコレートにもっていこう! なんてことじゃないですよね。
 そうすれば、
 朝鮮民主主義人民共和国という冗談みたいな詐欺みたいな国名が
 恥ずかしくないところまでもっていける。
 なあんてアホな目論見じゃないですよね。
 国の象徴として、金一族が末永く生き延びよう。
 なんて都合のいいことを考えていないですよね。

 すいません。冗談がすきました。
 でも、
 しつこくアメリカに喧嘩を売る理由が、本当に分かんないんです。


あなどれない箱★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3794:http://barso.blog134.fc2.com/ by ☆バーソ☆ on 2017/04/29 at 22:18:40 (コメント編集)

世界は万事カネが動力で動いているのは間違いないでしょう。
ならば、両国が危機状態でいるほうがカネが動く。
米は軍需産業が活性化して自国の経済が潤い、
日韓中露等にも威圧感を示せる。
日の政府はカネは掛かるが憲法改正に持っていける。

じつは北には、世界のカネを牛耳っている闇の勢力から
密かに裏金が行っていて、一触即発劇に協力しているとか。

政治には全然詳しくないのですが
米は北の核ミサイルが怖いせいではないと思いますね

3795:中国にも都合が良い by miss.key on 2017/04/30 at 07:21:21 (コメント編集)

影響力?とやらのお陰でアメリカは中国には甘い。中国にとっては実に美味しい存在なのではないでしょうか。

3796:Re: http://barso.blog134.fc2.com/ by しのぶもじずり on 2017/04/30 at 10:25:23 (コメント編集)

そうですよ☆バーソ☆さん。
お金、お金ですよ。
それも不思議です。
お金持ちには思えないのに、
次から次へとミサイルだかロケット高を打ち上げるし、
軍備だってお金がかかりますとね。
外国に出稼ぎに行ったくらいでは足りないと思うんですけど。

やっぱ、闇の資金の出番ですかしら。
ユダヤ人の陰謀説とか出てきちゃいますかね。

3797:Re: 中国にも都合が良い by しのぶもじずり on 2017/04/30 at 10:32:37 (コメント編集)

中国に甘いというか、米国にとって中国は、つついちゃいけない薮みたいなものなのかも(笑)
何が出てくるか予想がつかない。
中国にとって、北朝鮮につぶれてもらっては困ると思うんですけど、
美味しいとか言ってられるんでしょうか。

3798: by sado jo on 2017/04/30 at 11:07:04 (コメント編集)

騒ぎとはちょっと違うと思います。
北朝鮮もアメリカも正式に戦争を遂行する権利を有していますから。
なぜなら、朝鮮戦争はまだ終わってないのです…ちゃんとした停戦条約を交わしてないんですね。
韓国が戦争をやめる事に反対した為に、なぁなぁのなし崩しで休戦状態に入っているだけです。
正直、今頃になって「俺はやる気がないから」とアメリカを担ぎ出す韓国も都合が良すぎませんか?
いっそ早い目に、朝・韓に疲れきるまで骨肉相食む闘いをやらせておけば、今日の憂慮はなかったかも知れません(笑)

3799:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2017/04/30 at 17:34:47 (コメント編集)

そうでした。「休戦」したけれど「停戦」はしていないんでした。
思えば、韓国が軍事独裁政権だったのは、大昔の話じゃないですものね。
いろんなことが清算されないまま、中途半端な状態を引きずっているのかもしれませんね。

3800:ginrindo by さんいー on 2017/05/02 at 01:02:42 (コメント編集)

今晩は。
私が思うに、アメリカも北朝鮮も国内向けではないかと。
トランプさんは、支持率を上げたい。
正義の名も元の戦争はアメリカ人は好きですから。
北朝鮮の委員長様は自分の権威を上げたいため。
その両方に翻弄されている日本は、いい迷惑だと思います。

3801:ルイヴィトン財布 ダミエ・アズールコピー by 池田末吉 on 2017/05/02 at 10:28:53 (コメント編集)

ルイヴィトンは100年以上もの歴史がある一方で、それほど歴史の中で一貫して高級ブランドとしての地位にあぐらをかくことなく、高いクオリティのムーブメントを発表し続けてきたことに異論はない。

3802:Re: ginrindo by しのぶもじずり on 2017/05/02 at 18:05:22 (コメント編集)

さんいーさん こんばんは。
お芝居みたいなものでしょうか。
それにしても綱渡りでしょうに。
本当に迷惑。

3803:Re: ルイヴィトン財布 ダミエ・アズールコピー by しのぶもじずり on 2017/05/02 at 18:20:38 (コメント編集)

池田末吉様 いらっしゃいませ。
何故この記事にルイヴィトン?

なにはともあれ、ヴィトンはよくできてます。
デザイナーズブランドのバッグがあっという間に壊れたときは吃驚しましたが、ヴィトンは丈夫。

ヴィトンは、元々が旅行鞄のメーカーです。
旅先で鞄が壊れたら洒落になりません。
また、エルメスは、馬具屋さん。
馬具が壊れたら人身事故になります。

ファッションデザイナーのブランドは、数回お洒落を楽しめば、後は流行遅れになって役目を終える。
元々製品のコンセプトが違っているのでしょう。
ヴィトンやエルメスの新作を数回使ってタンスの肥やしにするのは間違っている気がします。
使ってこそ値打ちがあると思うのですが。
何年でも使えるはず。大事にすれば、何十年も。

それはさておき、日本にもヨーロッパの職人さんに負けない鞄や財布を作っているメーカーがありますよ。
重いものを入れても型くずれせず、縫い目の糸が切れない隠れた名品があります。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア