RSS

優生学

 相模原殺人事件の犯人の言い分は、
 ヒトラーが引き合いに出されるけれど、
 珍しいものではないと思う。
 古い考え方だけどね。

 昔、イギリスを訪れたとある人が書き残している。

 イギリスの貴族と平民は、一目で見分けられる。
 背が高く、体格がよく、見目麗しいのが貴族である。
 背が低く、貧弱な体格をして、概ね不細工なのが平民だ。

 背が高くて体格が良ければ、喧嘩に強いのだろう。
 戦いに勝ち抜いて貴族になり、強い子孫が跡を継ぎ、
 代々美しい女をものにしてきた結果だろう。

 メンデルが記録を取るまでもなく、薄々気がついていたはずだ。
 現に、19世紀には遺伝学者F・ゴールトンが優生学を提唱している。
 生存に有利な遺伝子を残し、人類をより良くするという思想である。
 畢竟、劣った遺伝子は、駆逐せねばならない。
 相模原事件の犯人と同じだ。

 「強くて大きいことは良いことだ」単純な発想である。
 しかし、現在では、一つの方向だけに突き進めば、
 やがて行き詰まると考えられている。
 多様性こそが、人類という種が長く生き残るコツだという考え方だ。
 
 優生学は、古くて単純すぎる思想になっている。
 繁栄している都市には、スラムだってあるものだ。

 新宿は、副都心も、大銀行も、大手の商店も、
 しょんべん横町改め 思い出横町も、
 二丁目もあるから、にぎわっている。

 先日「所さん大変ですよ」というTV番組で、
 ヨーロッパの古城が安売りされていると言っていた。
 1ユーロで売り出されているお城まであった。
 ドイツでは、古い城を修繕する場合に、材料も建築方法も、
 元のものを変えてはいけないという法律があるらしい。
 そのせいで、維持管理が出来なくなっているそうな。
 法律通りにするには、莫大な金がかかる。
 日本でも、自分の家が文化財に指定されて、
 えらい目にあったという人が居る。
 変化を認めないと、大変ですよ。
 世界遺産も、ほどほどにしたほうが良いと思う。

 上手に変化するためには、土台に多様性が無いとね。
 何が新しい世界を開く鍵になるか、分からないんだ。
 ちっちゃな不細工が、世界を変えるかもしれない。

男のスカート★★★オリンピックは良いねえ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3615: by める on 2016/08/02 at 21:10:08

しのぶさん こんばんちーっす

多様性、凄く大事なことだと思います。
ナチは、ロマも大勢殺してますよね。

3616:Re: める様 by しのぶもじずり on 2016/08/03 at 08:37:06 (コメント編集)

ヒットラーとかナチとか言っちゃうと、拒否反応を示す人が多いでしょうが、
優生学の考え方自体は分かりやすいので、説明されると普通に納得しちゃうと思いますよ。
メンデルの法則やダーウィンの進化論は、みーんな知っているし。
農業では活用されて成功しているし。
美味しいお米も、和牛も同じ考え方で出来てるんだから。
人間も、それで良いのかって話です。

3617: by sado jo on 2016/08/03 at 12:03:46 (コメント編集)

弱い者や醜い者は、遺伝子が劣るからであり、淘汰されるべき存在…と言うのが「優生学」の基本ですね。
けれど、元来種の淘汰は、自然界の環境の変化に応じて行われ、人は人、蟻は蟻なりに進化して来ました。
自然が多様性を容認し、あらゆる環境の中で生物が生きられる様に作り変えたからこそ、今日の地球があります。
人間が…ましてや、特定の思想、人種、民族、国家、宗教のみが優れたりと言う確たる基準はどこにも見当たりません。
人だけが優れた遺伝子を持っている訳でもない「優生学」は、人の傲慢から出た発想だと思いますね。
そんな人間の主観的な偏見から出た妄想を政治に用いれば、再び、ナチスのホロコーストの悲劇を招きます。

3618:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2016/08/03 at 18:03:42 (コメント編集)

おっしゃる通りです。
困ったことに、優生学は分かりやすい。
人工授精や出生前診断が出来るようになっている現状もあって、うっかりしていられない。
説得力のある反論を用意しておかないと、垂れ流される危険があります。
気をつけないとね。

3619: by 困 on 2016/08/04 at 23:42:07

つい本日のYah○oニュースに
「ブルドッグの遺伝的多様性があまりに低すぎて種として存亡の危機を迎えている」
なんて記事が躍っておりました。
優生学の行き着く先はこんなところでしょうかね。

それにしてもブルドッグ・・・気の毒でしょうがない。

3620:Re: 困様 by しのぶもじずり on 2016/08/05 at 08:55:03 (コメント編集)

そうですか。
ブルドックがそんなことになっているのですね。
短頭のせいで、育てるのが難しいと聞いたことがあります。
ブルドックにはがんばって欲しいものです。

そういえば、人間のY染色体が危ないという話は、どうなったんでしょう。
X染色体には1098の遺伝子があるのに、
Y染色体は100を切ってるらしいです。
Y染色体もがんばれ。

3621: by yorozukatarigusa on 2016/08/06 at 09:37:26

1996年まで優生保護法は日本にもありましたし、ヨーロッパも80年代までは優生学の思想の法律がありました。
又揺れ戻しが始まったのかもしれません。

3622:Re: yorozukatarigusa様 by しのぶもじずり on 2016/08/06 at 15:22:32 (コメント編集)

いらっしゃいませ。
そういえば、ありましたね。優生保護法。
撤廃署名運動に、私も署名した記憶があります。
おっと、今更思い出しました。
優生保護法が無くなっても、状況はあまり変わりませんでしたが。

3627:栄華を極めれば後は落ちるだけ by miss.key on 2016/08/21 at 20:16:58 (コメント編集)

次の時代を作るのは常に二線級の存在である。その時代に栄華を極めたものは時代の変化に適応できない。恐竜が繁栄した時代、哺乳類は陰でこそこそ息を潜める存在だったそうな。今繁栄を極める人類。さて、その栄華はいつまで続くのか。そして次代に名を上げるのは何ものなのか。今陰でこそこそしている奴らが怪しい。え゛、ゴ・・・?

3629:Re: 栄華を極めれば後は落ちるだけ by しのぶもじずり on 2016/08/22 at 18:00:05 (コメント編集)

栄枯盛衰。
諸行無常。
一発逆転?

3631: by yorozukatarigusa on 2016/08/24 at 22:22:34

背が高いのはデーン人、低いのはケルト人なんですよね。ケルト人はあとから来たデーン人に支配されて、そのままアイルランド問題につながっているので、優生学と言い切ってしまうには若干無理があるかと。

3632:Re: yorozukatarigusa 様 by しのぶもじずり on 2016/08/25 at 14:21:22 (コメント編集)

なるほど、イギリスの貴族と平民は民族が違うということですか。
知りませんでした。
民族の違いによる特徴に、遺伝学の立場から勝手な優劣をつけた優生学は、
改めて けしからんと思いました。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア