RSS

違法ではないけれど、不適切

 たくさん掲げられた触れ書きの前で、ため息をつく旅の僧があった。
 今は昔、後の世に鎌倉時代と称される頃のことである。

 「もし、お坊様。いかがなさいましたか」
 と問う者が居たという。

 「何年か前にこの地を訪れた時は、これほど多くの触れ書きは無かった。
 世が乱れている証じゃな」
 「それはどういうことでございましょう」

 「法は少ない方が良い。
 大元のところだけしっかり律して、のびのびと暮らせる世が良い。
 細かいことまで 法で縛らなければ治まらぬ というのは、
 法さえ犯さなければかまわぬ という風潮が出てきたのであろう。
 良いことではない。
 これからますます、世は乱れるのであろうよ」

 旅の僧は、俗世にあっては権勢を持ち、
 後に高僧となる人であったという。



 とっても日本的な考え方です。
 こういうのは、好きです。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3580: by sado jo on 2016/06/20 at 12:09:33 (コメント編集)

法の大元は「道徳」或いは「人の道」…それさえあれば特に法を必要とはしない。
昔の社会は、特に法を意識しなくても、それで成り立ってた様です。
寧ろ民百姓より、身分の高い人々の方を法や戒律で縛ってました。
上に立つ人々はよっぽど乱れてたんでしょうね(笑)…今は逆です。

3581:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2016/06/20 at 18:06:36 (コメント編集)

「道徳」「人の道」は何処から出てきたのでしょうか。
宗教観とかでしょうか。

性善説に一票入れたくなりますね。
悪は、ややこしい社会から生まれた?

3582:最近 by 七条巴 on 2016/06/21 at 21:19:45

検索で侍の写真やら江戸後期から明治にかけての画像を目にすることが勝手に多いのですが・・。
なんだか顔を比べるだけで今の日本の政治家さんたちはマンガ顔してますよね。
「ギャグでやってます」っていってもらった方が大いに納得できるし安心できるのですけどね。

3583:ginrindo by さんいー on 2016/06/22 at 00:36:01 (コメント編集)

今晩は。
「違法ではないが不適切」
「分かっちゃいるけどやめられない」
なぜかこの名セリフを思い出しました。
理由は自分でも分かりません

3584:Re: 最近 by しのぶもじずり on 2016/06/22 at 09:34:31 (コメント編集)

七条巴様 こんにちは
私は、政治家の顔は「似顔絵が描きやすい顔」の方が良いと思います。
政治家の顔は看板……なんちって。
風刺画を描きやすいし(笑)

有名な西郷さんの肖像が別人らしいのは、残念です。

3585:Re: ginrindo by しのぶもじずり on 2016/06/22 at 09:39:28 (コメント編集)

さんいー様 おはようございます。

「違法ではないが不適切」
今年の流行語大賞にノミネートでしょうか。

「分かっちゃいるけどやめられない」と共に、
あるある って感じ。でっす!

3592:法律の不思議 by miss.key on 2016/06/28 at 00:11:52 (コメント編集)

 皆が平等に守らなければならない法律。にも関わらず、専門家でないと満足に議論もできない。これは問題である。法律を知っている(ふりをしている)人間が好き勝手出来る状況とは本来有ってはならない事である筈なのだが。ならば全員に法律家になれるだけの勉強を義務づけると言うのは無しにしよう。国民が総て法律家になった国は滅ぶ。何故なら法律家はそれを学ぶだけで精一杯なのか、何も生産していない。
 法とは簡素にして簡単であるべきだと思うのだが、現実は真逆である。

3593:Re: 法律の不思議 by しのぶもじずり on 2016/06/28 at 09:08:12 (コメント編集)

miss.key様 こんちわ
ややこしいと、わけが分かんなくなって、かえって「まっ、いいか」ってなっちゃいそうだよね。
シンプルがありがたい。

もめ事にでもならなければ、細かい法律なんか知ったこっちゃ無い感じ?
法律が多いということは、もめ事がたくさんあった ということなんじゃないのかしらん。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア