RSS

「ストレンジャー」を観ました

 萩尾望都の少女漫画「ポーの一族」を元にしたドラマだということで、
 観ました。「ストレンジャー」

 少女漫画なんか知らないよ、という人のために、
 ちょこっと説明しますと、
 ポーの一族というのは、吸血鬼なのです。
 吸血鬼になると年を取らなくなるので、
 同じ場所に長く住み続けることができません。
 年を取らないのは異常ですからね。

 少年の姿をしているエドガーにとって、一カ所にとどまることはできません。
 教会に見つかれば滅ぼされるからです。
 エドガーに吸血鬼にしてもらったアランとの二人が、
 長い時の流れの中で、はかなく妖しく逃げ惑う。
 微妙な少年愛が織りなす物語なのです。

 なのに、ありませんでした。少年愛。

 ポーの一族は、悲しく切ない存在なのです。
 人間の血を吸わなければ、衰弱してしまいますが、
 それ故に人間から追われ、滅ぼされる運命にある。
 赤いバラの花だけが、わずかに血の代わりになります。

 なのに、香取慎吾は、丈夫そうで、
 ガンガン血をがぶ飲みしてそうでした。
 お肉も食べていそうでした。
 (個人的な感想です)

 草薙剛のほうが、吸血鬼っぽかったかも。
 (個人的な感想です)

戻る★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3532:女性漫画家さんの作品 by める on 2016/03/28 at 21:22:04

しのぶさん こんばんは

ドラマは殆ど見ませんが、たしかに香取慎吾より
草薙剛の方が吸血鬼っぽいですね。

少女漫画は読みませんが、漫画好きなので
女性漫画家さんの作品も読みますよ。

入江喜和さんの「たそがれたかこ」、
吉田基已さんの「夏の前日」、
森薫さんの「乙嫁語り」、
ヤマザキコレさんの「魔法使いの嫁」、
伊藤悠さんの「シュトヘル」
などなど。

3533:Re: 女性漫画家さんの作品 by しのぶもじずり on 2016/03/29 at 19:12:24 (コメント編集)

めるさん こんばんは

最近は少女漫画をあまり読まなくなりました。
近頃の作品はさっぱりです。
「ポーの一族」は、今や、少女漫画の古典的作品になると思います。
ここから、少年愛を扱った物語が始まったんじゃないでしょうか。

3536: by sado jo on 2016/03/31 at 14:23:02 (コメント編集)

吸血鬼って嫌われ者で、悪の存在とされますが、私は立派に慈善事業をしてる様に見えます。
だって、億万長者が幾ら金を積んでも叶わない「不老不死」を献血するだけで与えてくれるでしょ。
確かに夜しか活動できないデメリットはあるけど、女性は永遠の若さを手に入れる事が出来ます。
高い化粧品を買うより、吸血鬼に血を吸ってもらう方が遥かにいい…いつまでも、若く美しく。
あ、ドラキュラ伯爵って女性にモテたらしいですね…そりゃ、女性は計算高いから、モテて当たり前ですよ(笑)

3537:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2016/03/31 at 18:52:59 (コメント編集)

不老不死というの、もつらいらしいですよ。
なったことが無いので確証はないですけど(笑)
ポーの一族がそう言ってます。

3538:私も一瞬見ました…… by 大海彩洋 on 2016/04/02 at 17:15:45 (コメント編集)

そして、いや、違うやろと思ってチャンネルを変えちゃいました。私も思いました。こんな丈夫だったら、薔薇なんか食わなくても生きていけそうだ、と。いや、そもそも彼と薔薇のイメージが合いませんでしたね。
原案『ポーの一族』と書かれていなかったら、気にせずにただの吸血鬼ものとして見ることもできたのでしょうけれど、『ポーの一族』からイメージする世界を求めた人には残念な展開でした。

3539:Re: 私も一瞬見ました…… by しのぶもじずり on 2016/04/02 at 17:40:40 (コメント編集)

大海さんは一瞬だけ見たのですね。
う〜ん、その方が良かったかも。
「ポーの一族」のファンは多いでしょうから、視聴率稼ぎの作戦だったのでしょうが、
気にしないで見た方が良かったのかもしれません。
でも、言われると気になるよねえ。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア