RSS

キーセンツアーって知ってました?


 前の記事を書いて思い出しました。
 バブルの頃に、キーセンツアーというのが流行ったみたいです。
 実際に行ったという人に、話を聞いたことがありました。


 会社の先輩たちに誘われて、
 よく分からずに韓国旅行に連れて行かれたのよ。(本人談)

 ある店に行って、料理や酒が並んだ小宴会場みたいな個室に入ったら、
 素っ裸の女の人たちがゾロゾロと入ってきて、びっくりしたなあもう。(本人談)

 一人に一人ずつくっついて、お酌とかしてくれたんだ。
 ギルティ!

 宴会が終わると、ホテルまでついてくるのよ。
 俺、奥さんと結婚の約束をしたばかりだったしさあ、
 さすがにそれは断った。
 ぎりぎりセーフ?

 けっこう流行ってたみたいで、
 週刊誌に、
 どこかの偉いさんがキーセンツアーに行ったとか行かなかったとか、
 色々書かれたりしたみたい。
 バブルで浮かれると、男って馬鹿なことをやらかすのですねえ。
 品のない「遊び」ですこと。
 嫌ねえ。


 そう思って調べてみたら、キーセンは古い伝統のあるものらしいです。
 国営のもあったらしいです。
 でも2010年に最後のキーセンハウスが閉鎖したようです。
 ドスケベな男性諸君、残念でした。
 私にはよく分からない分野でした。


少しばかり昔の話★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3480:お父さんが by もも on 2016/02/12 at 15:01:15 (コメント編集)

お仕事の組合のお友達で行った話しを聞きました。
それも1年に2~3回
あげくにさびしい病気をもらってきた~っ!
ももうつらないか心配で・・・

お母さんは我慢だったのかな~その心境は聞いていません。

3481:Re: お父さんが by しのぶもじずり on 2016/02/12 at 18:30:00 (コメント編集)

おお、ももさんのお父上はちゃんと白状なさって、ご家族に病気の危険を知らせたのですね。
高村光太郎のように、とことん内緒にして、知恵子夫人を廃人に追い込む真似をなさらなくて良かったです。
もっとも、あちらは梅の病だったらしいですから、罪は重いです。

お父上は、ご自分の恥を白状なさり、ご家族を守られたのでしょう。
病気は注意しませんと。

3482: by 野津征亨 on 2016/02/13 at 09:05:32

ああ、お隣の国の「妓生」ですね。
いわゆる公娼的な。
ファン・ジニという妓生を題材にした韓流ドラマはなかなか面白かったです。

3483:Re: 野津征亨様 by しのぶもじずり on 2016/02/13 at 18:19:10 (コメント編集)

そのドラマは見てないです。
見ていたら、もっと詳しくなっていたかも。
やっぱり、素っ裸で登場するのでしょうか。
ドラマではそこまでやらないか。

3484:ももちゃんからのお届けものです。 by 配達員 on 2016/02/14 at 00:02:35 (コメント編集)

ハッピーバレンタインです♪
今日はバレンタインデーももからのプレゼントです。
小さいけれど心のこもったチョコレート
どうぞご賞味くださいねマル

http://blog-imgs-85.fc2.com/s/h/i/shiningpeach/16021121.jpg

3485:Re: ももちゃんからのお届けものです。 by しのぶもじずり on 2016/02/14 at 18:20:47 (コメント編集)

ももさん いらっしゃい。
わ〜、何だろう。
しのぶもじずり 行きまーす!

3486: by 夏ちゃん on 2016/02/15 at 11:00:30 (コメント編集)

キーセンは古い伝統のあるものらしいです。
時代ものの韓国ドラマでは、もう少し階級の高い者達を描かれていて、ここまでお下品とは知りませんでしたが。

3487: by sado jo on 2016/02/15 at 11:32:23 (コメント編集)

日本の男性のシモの癖の悪さは、世界でも有名になっています。
国内の社員旅行でも、一番多いのは「雄琴温泉」とかの芸者遊びが出来て、女を買えそうな観光地です。
韓国キーセン旅行だけでなく、女を買う為の台湾旅行やチェンマイ旅行も大流行した時代があります。
ちなみに、娼婦を伴って進軍する軍隊は日本軍だけだった。日本の男の世界でも指折りの信仰心の無さが伺える><
ま、日本人に、不倫騒動の自民党の宮崎議員を責める資格があるのかどうか?疑問に思います(笑)

3488:Re: 夏ちゃん様 by しのぶもじずり on 2016/02/15 at 18:53:26 (コメント編集)

別件で写真を見たことがあります。(事情の詳細は割愛します)
スーツ姿のおじさんたちが、酔っているのでしょう、
赤い顔で、スケベな笑顔で、椅子に座っているまわりに、
素っ裸の女たちが写っていました。
普通に服を着ている男たちと 丸裸の女たち。
異様な光景でした。

3489:Re: sado jo様 by しのぶもじずり on 2016/02/15 at 19:03:12 (コメント編集)

私も芸者遊びはしたことがあります。上品な方向で(笑)
京都の置屋さんに行ったこともあります。
でも、キーセンの過激さにはびっくりしました。

戦場や紛争地帯では、娼婦やレイプはつきもののようです。
命の危険を感じると、男は子孫を残そうという衝動に駆られるみたいです。
そういう意味でも、争いは不幸を生み出すのですね。
草食男子は平和の象徴?

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア