RSS

日本における奴隷


 中学の社会科で、生口は奴隷のことだ、と先生は言いました。
 古代の国家間でやり取りされた人間だが、
 実のところ、よく分かっていないらしい。
 技術者説や留学生説などもあるらしい。

 部民(べみん・べのたみ)は大和朝廷の奴隷だった。
 と先生は言いました。

 どうも怪しい。
 部民制は朝廷が統治するための政治組織らしい。
 正倉院にも多くの人名が残されていることからも、
 重要な組織だったと思われるわけで、専門の部署みたいだ。
 奴隷? なんか違う感じがする。

 どっちにしろ、律令制ができて廃止された。

 人間の売り買いが全くなかったかというと、そうでもないらしい。
 しかし西洋の奴隷制度とは違い、がっちり固定化された制度ではない。
 表向きは大宝律令でも養老律令でも禁止されていたので、密売である。
 「山椒大夫」みたいなのが居たらしい。

 江戸時代も禁止されていたので、前払いの年季奉公という体裁がとられた。
 大飢饉の時などは、けっこうな身売りがあったんだとか。
 ありそう。
 生き延びるための苦肉の策? みたいな。


 日本人がガチで奴隷になったのは、戦国時代。
 ポルトガルが、大勢の日本人奴隷をヨーロッパに輸出した時だ。
 九州あたりの人がずいぶんと連れて行かれたらしい。
 ローマ教皇が、ポルトガル王に異教徒の奴隷化を許可したんだってさ。

 太閤秀吉が激怒して、イエズス会に抗議したけど言うことを聞かなかったらしいよ。
 「金は払うから日本人を返せ」とも言ったらしいけど、駄目だった。
 九州の神社仏閣をぶっ壊して、教会を建てたというから、
 やりたい放題だったんだわね。
 宣教師を国外追放して、キリシタンを禁止して、
 鎖国をするに至った大きな要因みたいだ。
 日本人と中国人の奴隷は、西洋で高く買われたらしい。

 天正遣欧少年使節も、ヨーロッパ各地で多くの日本人奴隷を見たという。
 安価で取引され、過酷な境遇にあったと記録されている。
 キリシタン大名が、火薬と引き換えに売ったらしい。

 鎖国をしていなければ、どうなっていたんでしょうね。
 ぞっとするわ。

 いずれにしても、
 人を奴隷にするのはもちろん良くないとしても、
 自ら、何かの奴隷に成り下がらないようにしたいものだわ。
 金の奴隷にも、仕事の奴隷にもならないぞ、っと。
 心はいつでも自由でありたいぞ。

 年末年始を挟んで奴隷つながりになりました。


異世界ファンタジーに奴隷が出過ぎて、考えてしまったこと★★★少しばかり昔の話

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア