RSS

夫婦別姓問題で、誤解しているかもしれないこと

 まず現行法ですが、
 例えば、
 鈴木一郎君と山田花子さんが結婚する場合、
 どちらかの姓を選んで、婚姻届を出すわけです。
 どちらを選んでもOK

 でもしかし、
 山田を選んだ場合、
 往々にして「一郎君は婿養子になった」と世間から言われます。
 これは正しくありません。
 法律的には、山田を選んで新しい戸籍を作っただけで、
 婿養子になったのではないのです。
 一郎君が婿養子になるためには、
 花子さんの親である山田某と、一郎・花子夫妻が養子縁組をしなくてはなりません。
 そうしないと、花子さんの親と一郎さんは親子になりません。

 逆に鈴木を選んだ場合も同じです。
 一郎君と花子さんが結婚しただけです。
 「花子さんが鈴木家に嫁入りした」ことにはなりません。
 改めて夫婦養子にならない限り、
 花子さんには鈴木家の遺産相続権などはありません。

 家制度における嫁は、きちんとした地位であり、
 姑が隠居すれば家内を取り仕切るようになります。
 いわゆる、「台所を任せる」状況です。
 現行法では、花子さんに鈴木家の台所を預かる義務も権利もないのです。
 そのあたりは、人情とか愛情の問題になります。

 ところがどっこい現状では、97パーセントが男性の姓を選んでいます。
 旧い家制度の名残というか、世間の意識が変わらないせいでしょう。
 法律上は家制度など、とっくに関係ありません。
 それでも女性ばかりが不利を被っているのは、
 法律ではなく、意識の問題が大きいと思います。
 男女で半々に選んでいれば、問題がすっきりしていたと思います。

 国連の女性差別撤廃委員会から勧告されているようですが、
 女性が抑圧されているというなら、法律ではなく世間の問題なのでしょう。
 世間の問題は難しいです。

 それを踏まえて、
 人生の途中で姓を変えることの不利とその対策です。
 姓が変わることにより、各種名義変更を余儀なくされることです。
 仕事関係、パスポート、資格など、多義に渡り取りこぼしが起こりそうです。
 離婚するとき、旧姓でも結婚後の姓でも選べますが、
 心情的に元に戻すことが多くなります。
 そこで、またもや変更手続きです。
 国内関係だけでも大変ですが、
 国際的になるともっとややこしいことになります。

 実際にあったことらしいですが、
 成果を評価され、有望な研究者だった女性が結婚し、
 名前が変わったことによって、海外では別人にファイリングされ、
 こつこつと積み上げた業績がふいになりそうになりました。
 当時は、国立大学職員は国家公務員でしたから、
 旧姓を名乗ることが出来ませんでした。
 影響範囲が広いと、押さえきれないところが出てきそうです。
 本人も知らないところで不利益が発生するかもしれません。
 それでも負けずにやってきたのが日本女性です。
 男性も他人事だと思わずに、
 自分がそういう目にあったらどうするのかを真剣に考えて欲しいです。

 個人的に通称で通るところは、それで通すことも出来るでしょうが、
 正式な名前じゃないといけないケースも多いのです。
 特に国家公務員法では、
 平成十三年までは、旧姓を使用することは出来ませんでした。
 大変だったみたいです。
 国立大学も、平成十五年に国立大学法人になって、
 旧姓のまま活躍する道も開けたみたいです。

 日本らしさを保ちつつ、
 男女ともに不利益を被らないようにするには、
 どうすれば良いのでしょうね。

 一つの案ですが、
 戸籍には両方の姓を併記して、
 一般の社会生活上は、どちらかを使用する。
 子どもは、成人する時どちらかを選ぶ。
 なんてのはどうでしょう。
 ああ、それでも問題は残りますね。
 どうしましょ。
 

気になる言葉3★★★修正

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3329: by 椿 on 2015/12/08 at 20:14:51

中国、韓国、ベトナムなどは元々夫婦別姓。
スペイン語やポルトガル語文化圏だと妻は夫の姓と親の姓を名乗る両姓併記(子供は両親の姓を継ぐので二つ姓がある)
そもそも姓自体がないという国も多い。

そう思うと、姓にこだわること自体があまり意味がない話なんですよねー。
私は、旧姓があまり好きじゃなかったので結婚で改姓はばっちこい! でしたが(笑)
(離婚しても戻したくない)

今、成人するくらいの人たちが、法律上家長制度がなくなってから三世代目くらいになりますかねー。完全に意識が変わるまで、まだしばらくかかるのでしょうか。

3330:署名しましたよ。 by める 川*´v`*川し on 2015/12/08 at 23:12:01

しのぶさん こんばんは
結婚した女性が結婚相手の姓とこれまで使ってきた
姓のどちらを選択しても良いように!ってネット上
でも署名活動がありましたね。
わたしは、署名しましたよ。

3331:追記 by める 川*´v`*川し on 2015/12/08 at 23:17:55

先のコメでは分かり難いと思いましたので追記します。
先ほどもコメントは法的に夫婦別氏を認めて!
というものです。

3332:Re: 椿様 by しのぶもじずり on 2015/12/09 at 11:05:43 (コメント編集)

名前は歴史や文化の中で自然に決まってきたものでしょうから、国によって違うのは当たり前でしょうね。
別姓を望む声が出ていても、同じ姓になりたい人もまだまだ多いでしょう。

椿さんと同じように、松任谷由実は、もしも離婚しても、荒井には戻らなそう。
結婚は姓を変える希少なチャンスでもありますから。

3333:Re: める様 by しのぶもじずり on 2015/12/09 at 11:14:44 (コメント編集)

最初のコメなら、すでに十分可能です。どっちでも選べますから。
同じ姓になりたい人、別姓にしたい人、色々居るので、
システムとして整合性があり、社会に馴染む方法を検討するしかないのでしょう。
今や、「社会」が世界規模になり、複雑化したことで問題になっているのだと思います。

3334:こんにちわ^^ by sado jo on 2015/12/09 at 14:48:39 (コメント編集)

う~ん…最近になって夫婦別姓を言い出したのは、女性の意思では無い様な気がします。
ひねた目で見れば、何だか女に押されてる男共が、懸命に男の威厳を守ろうとしてる様に思えてならない。
ほら、少子化で(体面的な)婿養子が増えてるでしょ…ま、実際親の援助が無きゃ食ってけないんだけど。
妻の親に面倒を見てもらう現実を、せめて性だけでも保って覆い隠そうとしてる。姑息だな~(笑))

3335:Re: sado jo様こんにちわ^^ by しのぶもじずり on 2015/12/09 at 18:03:07 (コメント編集)

なるほど、男性の事情もあるのでしょうか。
知り合いに何人か、妻の苗字になった人たちが居ますが、
妻の実家の家業を継いで発展させ、大きな顔をしていたり、
「妻の実家は、自分が支えているんだ」と豪語して、ヘゲモニーを築いていたりと、
肝が太い人ばかりです。
自信のない男性の悪あがきが、別姓問題には混じっているのでしょうか。

思えば、木下藤吉郎→豊臣秀吉
    松平元信→徳川家康
    桂小五郎→木戸孝允
のように、昔は、ステップアップの度に名前を変えていました。
現代の男性は、ステップアップを恐れているのでしょうか。
がんばれ!

3336:こんにちは♪ by KIYO♂ on 2015/12/09 at 20:47:36 (コメント編集)

夫婦別姓問題と少しズレて失礼しますが・・・。

放送会社の女子アナウンサーの氏名の件なのですが
某女子アナが同僚アナと結婚したとの報道も有って

気になっていたのですが夫婦とも以前の氏名で
ニュース番組等に登場しています。
(職場の事務的には氏名変更届け等を行なっていると思いますが)

他の女子アナも結婚しても氏名変更せず登場したりしています、
と言うことは女子アナの氏名はタレントの芸名のように

不動の氏名として業界内で確立しているのかも(苦笑)

3337:Re: KIYO♂様こんにちは♪ by しのぶもじずり on 2015/12/09 at 23:50:35 (コメント編集)

アナウンサーは男女とも芸名みたいなものではないでしょうか。
視聴者に名前を覚えてもらったら、それを変えるのはマイナスでしょう。
営業職の人も、同じ理由で名前は変えたくないのではないかしら。
コメントをありがとうございます。

3350:文化の視点 by カリメン2号 on 2015/12/17 at 23:15:10

こんにちは。
カリメン2号です。

名前という文化的な視点から言いますと、名前とは契約であり、互いの関係を縛る(良い意味でも、悪い意味でも)ものだと思います。
契約という意味においては、結婚してどちらかの姓を名乗ることに、それほどの違和感を感じないですね。
外国のように、事実婚や夫婦別姓を認めるためには、法律的問題や社会的問題が多いように思います。
変化を望むなら覚悟が必要なのではないでしょうか。

3351:Re: 文化の視点 by しのぶもじずり on 2015/12/18 at 10:34:18 (コメント編集)

カリメン2号様 いらっしゃいませ。

おっしゃる通りですね。
名前は「世界」から「カリメン2号」さんをすくいあげる呪術の源です。
精神文化の基本という意味と、実生活上の記号という意味に、
どう折り合いを付けるか。
そこが問題になっているのだと思います。

同じ名前になる安心感と、実生活上の手間ひま&不利益。
上手く釣り合いが取れれば一番なのかもしれません。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア