・犬派のねこまんま 39である ・犬派のねこまんま 38である ・犬派のねこまんま 37である ・犬派のねこまんま 36である ・犬派のねこまんま 35である ・犬派のねこまんま 34である ・犬派のねこまんま 33である ・犬派のねこまんま 32である byねこじゃらし ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:犬派のねこまんまのエントリー一覧

  • 犬派のねこまんま 39である

    <歯磨き指導の変遷> 半世紀ほど前の日本では、歯磨きは 縦方向に磨きましょう。 そういう指導が行われた。 いわゆるローリング法というやつである。 横磨きだと、歯が痛むから、という事だったと思う。 日本各地の小学校で、指導や講習があり、 子どもたちは、校庭に集められて練習させられた。 校庭であるから、歯ブラシを握ってのエア歯磨きであったろう。 大丈夫だ。日本人はエアが得意。 剣道の素振りをはじめ、様...

  • 犬派のねこまんま 38である

    <てのひらの不思議> 梅雨である。 食べ物の痛みが気になる季節でもある。 衛生面から、おむすびをラップごしに握る方も居るであろう。 しかし、 熱々ご飯を素手で握る。 これが最高に美味しいおむすびだ。 我が輩の気のせいではないと思いたい。 女同士の集まりで、おむすびパーティーをしたことがある。 参加者の子供たちも一緒だ。 それぞれが具を持ち寄り、会場になった家で炊いたご飯で、 とりどりのおむすびが出...

  • 犬派のねこまんま 37である

    <賢い と おバカ> 生き物の頭の良さは、簡単に比較できるものではないとは思うものの、 それでも気になるのも 煩悩というやつかもしれない。 単純に考えれば、まず思いつくのは脳の大きさ。 鯨の脳はでかい。 種類に寄るが、人間の2〜7倍。 象の脳もでかい。人間の3倍くらいある。 オーストラリア辺りで、 鯨は頭のいい生き物だから、何が何でも保護しなくてはならない と言って、 過激に活動している人たちがいるよ...

  • 犬派のねこまんま 36である

    <しつこいようだけど、カラスとハト ついでにスズメ> 我が輩の個人的見解を述べるとするならば、 ハトは馬鹿っぽい。 カラスは面白い。 完全に独断と偏見ではある。 ある日、我が輩が近所を歩いていたと思いたまえ。 すると、頭上すれすれにカラスが急降下してきた。 我が輩への威嚇であろう。 思うに、近くに 卵あるいはヒナを抱えた巣があったと推測できる。 人通りが少ない道ではあるが、住人はそれなりに通る。 ...

  • 犬派のねこまんま 35である

    <ハト対カラス> ハトは平和のシンボルといことになっている。 どういう訳か、なっている。 戦後に西洋から入ってきたイメージらしい。 日本では、八幡神のお使いということになっている。 八幡様は、戦(いくさ)の神様だ。 だからという訳でもないだろうが、 戦時中には、しっかり軍の伝書鳩として活躍した。 文字通りに、戦の使いを果たした。 対してカラスのイメージは、あまりよろしくない。 これも、概ね西洋のイメ...

  • 犬派のねこまんま 34である

    <ハトとの攻防> 我が住処のマンションが、 ハトに迷惑していた時期がある。 多数のハトが マンションに集まってきていた。 奴らは、 世間から甘やかされているせいか、 甚だ図々しい。 第一に、 糞害である。 ベランダを 糞だらけにする。 しばらく気がつかなかった家では、 積もるほどに糞だらけにされて、 すっかり色が変わってしまった。 落ちない。 また、 エアコンの室外機や ボイラーの陰に、 巣を作られた家も...

  • 犬派のねこまんま 33である

    <私はネズミを殺したことがある> 小学校の二年か三年の事だった。 我が家に ネズミが出現した。 穀倉地帯のド田舎なので、珍しい事ではない。 母は ネズミ取りを仕掛けた。 かかった。 さて、そのネズミである。 捕まえたは良いが、 ネズミ捕りの籠の中で生きている。 最終的に、 殺さなくてはならぬ。 全くの野生であり、 可愛いとも思えず、 ペットにする気はないし、 せっかく捕まえた 迷惑な奴であるからには、 逃...

  • 犬派のねこまんま 32である byねこじゃらし

    <ゾーンてヤツだったのかもしれない> オリンピックとか国体とか、 そういう たいそうな話ではない。 中学校の体育祭の話である。 ある日のホームルームで、 競技出場選手の割り振りが行われたのであった。 自薦他薦で次々と決まってゆき、 最後に残ったのが、 走り幅跳び と 吾輩になった。 まずいなとは思った。 運動神経も、 跳躍力も、 足の長さも、足りない。 だからといって、 では何が得意なんだと聞かれても、無...

≪前のページ≪   1ページ/5ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア