・まだまだ (4) 完 ・まだまだ (3) ・まだまだ (2) ・まだまだ (1)

RSS

カテゴリ:まだまだのエントリー一覧

  • まだまだ (4) 完

    「ああ、 砲丸投げクラブの」「いや、 無いから。 そのクラブ。 陸上部でしょうに。 あっはっはっは、 砲丸投げクラブって、 笑えるんですけど」 笑ってる場合じゃない事に気付かなかった。 けっこう長い間 気づかなかった。 噂の当事者なんて、 そんなものだ。 私が、 水野君ラブ ということになっていたらしい。 びっくりだ。 誤解が解けたのは、 学年が上がって クラスが変わり、 接点が全くなくなってからだった。「...

  • まだまだ (3)

     うちのクラスは、 男女が隣同士になるように席が決められる。 だから 両隣りは男子だ。 右は、 狆みたいな顔の眼鏡男子 田中君だ。 アホだ。 狆ならペロペロするだろうが、 田中君は 一応これでも人間だ。 左は、 ガタイの良い水野君だ。 砲丸投げで 県大会の二位になったらしい。 いかにも砲丸投げをしそうな体型だ。 こいつらも、 いずれは ペロペロするようになるのだろうか。 想像できない。「あれっ、 消しゴムが...

  • まだまだ (2)

     う~む、 しかし、 生理痛に不妊症とくれば、 産婦人科方面しか思いつかない。 もしかして、 医学用語か?「生方(うぶかた)君。 あの子んち、 お父さんが産婦人科だよ。 ふわ~」 帆織美代子は 朝から眠たそうだ。 生方義明。 真面目で 成績の良いやつだと思っていたが、 お父さんが医者だったのか。 あいつも医者になるつもりなんだろうか。 産婦人科かあ。 何をするのか よくは知らないけど、 知り合いの産婦人科に...

  • まだまだ (1)

    「ねえ 納念(のうねん)さん。 ペッティングって知ってる?」 磐田治美(いわたはるみ)が 声をかけてきた。 珍しく、 声をひそめた小声である。 大声で言えない事なのだろうと、 とっさに判断したものの、 そんなものは知らなかった。 首を横に振った。「ペインティングナイフじゃなくて?」 斜め後ろの席から、 眠そうな声で 帆織美代子(ほおりみよこ)が言った。 聞こえたのだろう。 充分な小声ではなかったようだ。 始業時...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア