FC2ブログ

 ・追加訂正 ・日本はいつから日本だったの ・フェイク動画ってすごい ・人類滅亡に関するあれこれ ・炎の美 ・蛍の光は二番までしか歌わないってよ ・十月十日 ・古代インドで表現された<時> ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:あれこれ放談のエントリー一覧

  • 追加訂正

     BSテレビ「盗まれた長安」というのをぼんやり見てた。 そしたら、日本に残る最古の<日本>の記録は大宝律令らしい。 そうか、大宝律令にも書いてあったのか。知らんかった。 大宝律令の完成は701年でしたっけ。 さらに、番組によると、 長安に残る墓誌の一つに<日本>と書いてあるのがあって、 701年よりも前なので、それが<日本>の最古の記録になるらしい。 ぼんやりしていたので、六百何年だったのか、聞き損ねた。...

  • 日本はいつから日本だったの

     テレビで「中国地方」は、何故「中国地方」なのか、 というのをやっていました。 中つ国(中央・都)と遠国(おんごく・遠い地方)との途中だから、 中国地方、または中国路という言い方が、 AD800年頃には一般に普及していたらしい。 そこで思い出しました。 何年か前に、とある中国人が 「日本の一地方のくせに、中国と名告るのはけしからん」 いちゃもんをつけた、と聞きました。 そこで考えたのです。 中国は、いつか...

  • フェイク動画ってすごい

     報道写真というものがある。 証拠写真というものもある。 百聞は一見に如かず。 論より証拠、 しかーし、写真をかじったことがある人は知っている。 写真は嘘をつく。 画面の切り取り方、角度が違うだけでも 画像の印象が違って見えることがある。 山の中に一本だけ花が咲いている木があったとしよう。 その木だけをアップで切り取れば、 華やかに花盛りの画になる。 山全体を写せば、静かで寂しい画になるかもしれな...

  • 人類滅亡に関するあれこれ

     半世紀以上前からだと思う。 <人類は滅亡するかも>という話がちょいちょい話題になったことがある。 エネルギー問題が滅亡の引き金になるという説があった。 石油・石炭・天然ガス等の化石燃料は、 長い地球の歴史の中で出来たものだから、簡単に新しく出来たりしない。 どんどん使えば、いづれ無くなる。 人類はエネルギー枯渇により滅亡する。 その説が広まったとき、石油は二十年くらいしか保たないと言われたもんだ...

  • 炎の美

     あの日の朝、ニュースで、首里城の火災が報じられていました。 テレビの画面いっぱいに、燃え盛る首里城が映っていました。 沖縄の人は、がっかりしたでしょう。 だから、こんな事を書いたら、顰蹙を買うかもしれないです。 でも、ここは個人のブログ。 個人的な感想を書いちゃいます。 炎に巻かれた首里城は美しかったです。 闇の中で輝く炎は、恐ろしいくらい美しかったです。 速水御舟の「炎舞」も敵いません。 芥川...

  • 蛍の光は二番までしか歌わないってよ

     歌詞を全部歌える歌は以外に少ないです。 一番だけなら歌えるけど…… いつも何故か一番から三番に跳んじゃうのよね…… なんてことは、良くある事ではないでしょうか。 「鉄道唱歌」なんて、東海道だけでも66番まであるし、 300番以上ある歌詞を全部歌える方がおかしい歌は例外としても、 歌詞カードを見ないと分かんなくなっちゃうなんてことはざら。 でも「蛍の光」の場合は、そういうのとは違う気がする。 四番まである...

  • 十月十日

     今日十月十日は、前回の東京オリンピック開会式の日でした。 抜けるような青空とか、日本晴れとか、オリンピック日和とか そう記録にも残っている日です。 2019年は、気温が不安定で、超大型台風が近づいています。 半世紀の間に、気候変動は確かに起こっていると実感しました。...

  • 古代インドで表現された<時>

     古代インドに残されていたという絵があります。 <時>を表したものといわれています。 どういう絵かというと、 竜の口から吐き出される火炎の絵です。 その火炎が<時>を表したものらしいです。 勢い良く吐き出された火炎は、いくつにも枝分かれし、 それぞれが渦を巻き、複雑な姿をしています。 絵を見る人からは、すぐ近くに見える二点でも、 枝分かれした処から遥かに離れた距離にあったりします。 そうです。古代...

≪前のページ≪   1ページ/25ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア