FC2ブログ
RSS

いらっしゃいませ

ようこそ お越し下さいました(この記事は常にTOPになります)

     自作の物語と雑文を掲載しています。
     少しでも面白いと思っていただければ、これに勝る喜びはございません。
     お暇つぶしにでも、のぞいてやってくださいませ。 
    

 完結済み 長編 【赤瑪瑙奇譚】【くれないの影】【蜻蛉の願いはキンキラキン】
         【天州晴神霊記】【薬種狩り】【馬十の辻に風が吹く】
         【ずぼらなユン、やぶれかぶれ】

      短編 【クロウ日記】【香美位山】【泣きわめく子ども】【迷惑な子ども】
         【まだまだ】【富士山の見つけ方】【姫様爆走中】

      [掌編もあるよ] 
 
 雑文 【犬派のねこまんま】【あれこれ放談】【私の文章修業】
 その他 【掌編】【お絵かきと画像】  


 題名をクリックすると、案内・目次にとびます。
 上部の青いところと 左のカテゴリーの「目次」からもそれぞれの記事に跳べます。


ランキングに参加しています。 面白いと思って頂けたら、 クリックして下さると嬉しいです。
 

ケイテイニ ユウニ

 あれは教科書問題だったのでしょうか。
 先日、教育勅語はけしからんと言う野党議員がテレビに映ってました。

 教育勅語と聞いて私が思い出すのは、
 小松左京の短編小説だったりします。

 舞台は、太平洋に浮かぶ小さな南の島。
 戦時中に日本軍が、しばし滞在したことがあるという設定です。
 そこに、バブル期の日本から、
 リゾートだか観光だかに利用できる場所を探しに訪れます。
 日本軍の影響を受けた島民と日本人とのドタバタコメディ、
 というより、ほとんど落語です。
 サゲまであります。

 最後に、島民の間で大喧嘩になると、
 おじいちゃん村長が声を挙げるのです。
 <父母ニ孝ニ 兄弟ニ友ニ>という有名な下りです。
 「ケイテイニユウニ、ケイテイニユウニ」
 という所で終わります。
 
 大笑いしてしまいました。
 部屋で一人、静かに読書をしていた私が、
 突如大声で笑い出したので、母が心配して飛び込んできました。
 頭がおかしくなったと思ったみたいです。
 それくらい爆笑しました。

 今の若い人には通じないかもしれません。
 知らないことはギャグになりません。

 古典落語の中にも、説明しないと分かり難くなっているものがあるようです。
 「へっつい幽霊」とか「へっつい盗人」とか、
 へっついが分からなければ分かりません。
 かまどのことらしいです。
 時代劇のセットでは見ます。
 田舎の土間にある大きなかまどは実物を見たことがありますが、
 長屋で使うようなのは、大人二人で持ち運べるとは。
 落語を聞くまで、その発想はありませんでした。

 みんなが知らないことは、ギャグにし難いです。

 少し昔の日本人は、誰でも教育勅語を知っていました。
 そういうものがあったということは、知っていても良いんじゃないでしょうか。
 その上で、良いか悪いかは、上の方から押し付けるのではなく、
 いろんな意見があることも教え、
 一人一人で考えれば良いのではないでしょうか。
 自分で考える人間を育てるのが、教育ってもんじゃねえんですかい。

 みんなが知っていれば、ギャグにして笑えます。
 小松左京も喜ぶかも。


企画「ジャパニーズウエディング」★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

企画「ジャパニーズウエディング」

 一つ前の記事にコメントを頂き、返事を書いているうちに、
 ちょっと思いついちゃいました。

 日本人カップルが海外でロマンチックな結婚式を挙げる。
 けっこう人気があるようですが、逆もアリなんじゃないでしょうか。
 ハネムーンをセットにして観光客の誘致になるんじゃないかと。

 寺社で日本風の結婚式を挙げる外国人が居るらしいです。
 もう動いている業者があるのかもしれませんね。
 遅かったか(笑)

 日本人が海外の教会に憧れるように、
 日本好きな外国人が記念のセレモニーを日本で、
 と考えるのもありそうです。
 荘厳な寺院や神社で受け付けたらうけるでしょうが、
 ホテルや式場もハード面で充実しています。
 雅楽の生演奏だってあります。

 披露パーティがしたければ、
 ゴンドラで登場、餅つき、鏡割り……等、演出も盛りだくさんにあります。
 海外でも珍しいシャンパンのサーベルカットをするホテルだってあります。
 リゾート地で白馬の馬車移動もいいかも。

 お国柄も色々でしょうから、何がうけるか未知数ですが、
 けっこういけるのでは。

 ただし、お国柄が色々あるだけに、事前の打ち合わせは大事になるでしょう。
 そこを省くと、とんでもないことになる可能性があります。

 実際にあった過去の事例として、私が聞いた話があります。
 他にもあるのかもしれませんが、私が聞いたのは韓国人の例です。
 問題その一。
 日本では、招待状を出し、出欠確認して招待客の人数を把握しますが、
 韓国では当日に客が増えるらしいです。
 列席者が知り合いを勝手に誘うらしい。
 新郎新婦の知らない人まで誘われて、予定の二倍三倍になることも珍しくないようです。
 席や料理の対応ができなくて大騒ぎ。
 問題その二。
 自慢のキムチを大量に持ち込む列席者が居て、
 建物がキムチ臭で充満し、大量のクレームが出た。
 問題が表面化した後、ホテルや式場では韓国人を断ることがあるようですが、
 専門スタッフで対応するケースもあるようです。

 そんなこともあるので、事前の打ち合わせは大事です。
 戯れに考えてみた企画です。
 実現できるかどうかは責任を持てません。


ハワイの結婚式★★★ケイテイニ ユウニ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

ハワイの結婚式

 ハワイの結婚式場の建設工事が遅れに遅れ、
 予約していた人たちがたくさんキャンセルになるという事案が発生したらしい。
 ニュースでやってました。


 日本の結婚式は時代によってずいぶん様変わりしてきました。
 自宅で「高砂や〜」から、
 明治に、寺社での神前式や仏前式が生まれたものの、
 一般的になったのは、ホテルや結婚式場の仮説神殿や、チャペルっぽい施設での挙式。
 そして、海外挙式。

 花嫁衣装も時代によって変わってきました。
 白無垢から金襴緞子の打ち掛け、
 黒引き振り袖が流行った時代もありました。
 ウエディングドレス( 実際はイブニングドレス。本来は胸も腕も露出しない)。

 そんな中で、日本の結婚式のスタイルとして、
 海外挙式は定着しているようです。
 信者ではない日本人の挙式を受け入れる教会も増えていますが、
 日曜日や祝祭日は、信者が優先ですからできません。
 そこで、日本の業者がハワイに結婚式場を作りました。

 ハワイに最初にチャペルっぽい式場を作った時、
 現地で準備をしていた人の話です。
 その人は、ぶっちゃけ英語が不得手でした。
 貸衣装やケータリングの手配をし、
 工事は遅れながらも完成した後、
 現地でコーディネートを手伝ってくれた人に言われたらしいです。
 「英語が苦手で良かったですね」
 工事関係者から、毎日のように罵詈雑言を浴びせられていたらしいです。
 彼は、分かっていませんでした。
 もしも英語が得意だったら、ノイローゼになっていたかもしれない。
 それくらいひどい言われ様だったらしいです。

 敬虔なキリスト教徒からしたら、腹立たしいことだったのかもしれません。
 信者でもない日本人が、何故自分たちの町に偽物の教会なんか作るんだ。
 訳が分からなかったんでしょうかね。

 もしかしたらですけど、今回準備に行った人は、
 英語が堪能で、工事関係者と揉めていたりして……(笑)


 思えば、私がハワイに行ったのは、
 その式場が完成してしばらくした頃だったでしょうか。
 たまたま乗ったタクシーの運転手さんが、
 日本人だと知ると、うれしそうに話してくれました。
 建設中の大きなホテルは、日本の建設会社が建てている。
 日本の会社が、ハワイの大きなホテルをいくつも建てた。
 知り合いが関連の仕事をしているが、
 すごく良い仕事をしていると喜んでいる。
 絶賛していました。

 これも、もしかしたらですが、
 式場を建てた建設業者は、
 日本の建設会社に大きな仕事を取られて、腹を立てていたりしてたのかも。
 なんてね。
 いろんな立場の人がいますから、世の中色々と大変です。

「普通」の「家」★★★企画「ジャパニーズウエディング」

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

「普通」の「家」

 近所の書店が消えたのは、七〜八年前ほど前だったろうか。
 その後、古本屋が消え、書店が消え、古本屋が消えた。

 書店を眺めていると、思いがけない出会いがある。
 それまでは全く関心が無かった分野の本との突然の出会いである。
 ほほう、こんなの知らなかったなあ、とはまったりすることもあるし、
 さりげない一期一会もある。

 ネットの検索では、なかなかそういう出会いは無いように感じる。


 そんな感じで、ある日、
 書店に並ぶ住宅雑誌を手に取った。
 なんでだろ。
 いつもなら素通りするコーナーだ。
 パラパラとページをめくると、
 住宅設計のコンテストのようなものがあるらしく、
 受賞作品の写真と見取り図が掲載されていた。
 その中の一つに、見覚えがあった。

 しっかりと見直したが、よーく知ってる家だった。

 親がマンションを購入した時、出来上がるまでの期間、
 近くに仮住まいの家を借りたことがあった。
 父の知り合いからの伝で借りたらしい。
 私は学校の寮に入ったので、住んだのは両親と妹の三人。
 私は長期休暇の時に一緒に住んだ。
 
 さる金持ちが、結婚する息子夫婦のために用意した家だったとか。
 特注だったんだろうなあ。
 しかーし、普通の家族には、とんでもなく不便な家だった。

 収納部屋が、寝室からも居間からも直接入れない。
 入り口が狭い通路に面しているので、
 大きなものの出し入れが大変だ。
 布団の出し入れが大仕事だった。
 新婚夫婦用だから、寝室は大きな輸入ベッドが二台塞いでいる。
 大人が三人以上住むことは考慮に入っていない。

 風呂場は家の真ん中にあった。
 しかも、檜風呂。
 ほぼ一日中換気扇を回した。

 短期間と分かっていたからの我慢である。
 ずっと住んだら、ノイローゼになりそうな使い勝手の悪さだった。
 ぱっと見はお洒落なんだけどねえ。
 だってコンテストの受賞作だもん。
 私は、早々に寮に帰った。

 「普通」って偉大だと思った。
 長い間の経験の成果だ。
 普通の家は良い!

 ふと思った。
 「家相」は、使い勝手の良さの公約数を纏めたものじゃなかろうかと。
 普通の家の集大成ではないのかと。


 以前聞いた話である。
 とある人が家相に凝っていたそうな。
 その一家がオーストラリアに住むことになり、家を建てたそうな。
 もちろん、バリバリに良い家相にした。
 ところが、ものすごく住み難い家だったらしい。

 だってほら、オーストラリアって南半球だから。
 気候も違うけど、日光の方向が違うから。
 日本の家相は通用しなかったらしい。
 あ〜あ。



ストローはストローにならない★★★ハワイの結婚式

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
≪前のページ≪   1ページ/227ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア