FC2ブログ
RSS

いらっしゃいませ

ようこそ お越し下さいました(この記事は常にTOPになります)

     自作の物語と雑文を掲載しています。
     少しでも面白いと思っていただければ、これに勝る喜びはございません。
     お暇つぶしにでも、のぞいてやってくださいませ。 
    

 完結済み 長編 【赤瑪瑙奇譚】【くれないの影】【蜻蛉の願いはキンキラキン】
         【天州晴神霊記】【薬種狩り】【馬十の辻に風が吹く】
         【ずぼらなユン、やぶれかぶれ】

      短編 【クロウ日記】【香美位山】【泣きわめく子ども】【迷惑な子ども】
         【まだまだ】【富士山の見つけ方】【姫様爆走中】

      [掌編もあるよ] 
 
 雑文 【犬派のねこまんま】【あれこれ放談】【私の文章修業】
 その他 【掌編】【お絵かきと画像】  


 題名をクリックすると、案内・目次にとびます。
 上部の青いところと 左のカテゴリーの「目次」からもそれぞれの記事に跳べます。


ランキングに参加しています。 面白いと思って頂けたら、 クリックして下さると嬉しいです。
 

丿乀

 今回のタイトルは、洒落でも冗談でもなく、立派な熟語です。

 Eテレで、千利休を題材にした番組を見ていたら、
 ノ貫という人物が出てきました。
 茶人だそうです。

 秀吉が催した北野大茶湯の野点で、直径一間半の朱塗りの大傘を立てたり、
 利休を茶会に招いて、途中に落とし穴を作って、泥だらけにしたり、
 好んで安物の茶器を使ったりと、変わり者だったらしいです。
 雪駄の意匠もこの人だという説があります。

 ノ貫  読みは へちかん です。
  読めるかい、こんな字。

 でも、文句を言うわけにも行かないようです。
 「ノ」は、ちゃんとした漢字。
 訓は ひく
 音は へつ へち
 「へつ」も「へち」も、漢字変換できません。
 カタカナの「ノ」で出します。

 「ノ」を使う熟語として登場するのが「丿乀」
 「へつぽつ」と読みます。
 意味は、船などが左右に揺れる様子。
 そうなんですよ。洒落でも冗談でもないんです。

 「丿」は、右上から左下へ。
 「乀」は、左上から右下へ。
 書法というか筆画というか、漢字の書き方からきているそうです。
 毛筆で書いてみてください。
 身体が左右にゆれるでしょ。
 そんな感じが「丿乀」なんでしょうね。
 あらまあ、洒落ですか。もしかして冗談?
 いいえ、マジです。

 利休さんのおかげ(?)で、面白い勉強になりました。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

雨が

 雨が、すごいことになってます。
 風も、ひどいです。

 季節としては梅雨ですが、
 梅雨なら、しとしとぴっちゃん というのが相場です。
 牛丼じゃないんだから、つゆだくはやめて。


6月21日は夏至です

 本日6月21日は夏至です。
 これから、すこ〜しずつ すこ〜しずつ 日の入りが早くなってきます。
 天気が悪いので、よくわかりませんが、そういうことです。

 陽の光が少なくなってくるのに、暑くなっていくのは不思議です。

 今夜は真夏の夜です。
 今夜の夢は、真夏の夜の夢になりますが、
 私の夢に、妖精は出てくる気がしません。
 恋のドタバタとも無縁です。

 ま、そんなもんさ。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

人類の天敵は

 世界中が新型コロナウィルスに苦しんでいる現状で、
 <人類の天敵は?>と問えば、
 条件反射的に<ウィルス>と答えてしまいそうです。

 しかし、そう単純な話ではないらしい。
 人間の遺伝子のうち、四割ほどがウィルス由来なんだそうです。
 人体を作る遺伝子は、2パーセントくらい。
 その他の遺伝子は、よく分かってないらしい。

 今の人類になるには、色々あったんでしょうね。

 ということで、人間は、ウィルスのおかげで出来ている?


 こんなご時世なのに、否、こんなご時世だからなのか、
 新型コロナで混乱している医療機関にサイバー攻撃が多発しているとか。
 治療に必要な患者のデータを盗んで(壊して)、
 データを返して欲しければ、金を払え。
 酷いものです。
 日本でも、コロナ関連の詐欺が横行しているんでした。

 こうなると、人類の天敵は人類!
 そう言いたくもなろうというものです。


 話は飛びます。
 一気に飛びます。

 室町時代くらいの話だったような。
 一人の旅の僧が、とあるにぎやかな町を通りかかったとおぼしめせ。
 高札が何本も掲げられた一角で立ち止まり、つぶやいた。
 「以前来た時よりも、悪くなっておるな」

 聞きとがめた人が、僧に問いかけた。
 「それは、どう言うことでございましょう。
 近頃は、町のにぎわいも増してきております。
 良くなっているように感じております」

 旅の僧の答えて曰く、
 「以前は、高札は一つ二つほどしかなかった。
 これほどに増えているということは、揉め事が増えたという証じゃ。
 少ない布令では治まらなくなったということ。
 世が治まるのなら、法は少ない方が良い」
 僧は、出家した元高名な武士だったという。


 殺そうとする人間がいなければ、<殺すな>という法は必要ない。
 騙そうとする人間がいなければ、<嘘をつくな>という法は必要ない。
 しかしながら、めぼしい宗教の戒律には、これらの戒律は欠かせない。
 ほとんどの、否、全ての国の法律にも欠かせない。
 殺人も詐欺も犯罪だ。

 法律の条文はどんどん増える。
 困っちゃうよね。

 だがしかし、と思ったりもしてしまうのです。
 ウィルスと同じなのかもしれないと。
 人間は、敵をさえ進化の糧にする。

 禍福は糾える縄の如し
 他人(ひと)の振り見て我が振り直せ
 ああはなりたくないものだ
 善人なおもて往生を遂ぐ いわんや悪人おや

 ややこしや ややこしや


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
≪前のページ≪   1ページ/240ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア