RSS

いらっしゃいませ

ようこそ お越し下さいました(この記事は常にTOPになります)

     自作の物語と雑文を掲載しています。
     少しでも面白いと思っていただければ、これに勝る喜びはございません。
     お暇つぶしにでも、のぞいてやってくださいませ。 
    

 完結済み 長編 【赤瑪瑙奇譚】【くれないの影】【蜻蛉の願いはキンキラキン】
         【天州晴神霊記】【薬種狩り】【馬十の辻に風が吹く】
         【ずぼらなユン、やぶれかぶれ】

      短編 【クロウ日記】【香美位山】【泣きわめく子ども】【迷惑な子ども】
         【まだまだ】【富士山の見つけ方】【姫様爆走中】

      [掌編もあるよ] 
 
 雑文 【犬派のねこまんま】【あれこれ放談】【私の文章修業】
 その他 【掌編】【お絵かきと画像】  


 題名をクリックすると、案内・目次にとびます。
 上部の青いところと 左のカテゴリーの「目次」からもそれぞれの記事に跳べます。


ランキングに参加しています。 面白いと思って頂けたら、 クリックして下さると嬉しいです。
 

智恵子抄と梅毒

 梅毒の患者が急増しているというニュースを聞きました。
 五年前の十倍だそうです。

 沖縄に上陸した「はしか」も騒ぎになっていますし、
 感染症には気をつけましょう。

 梅毒で思い出す事があります。
 昔、何かの折に「智恵子抄」の話が出た事がありました。
 その時、とある爺が言ったのです。
 「あれは、智恵子は、脳梅だ」

 梅毒が重症化すると、スピロヘータの一種が脳神経を冒して、
 精神疾患のような症状になる事があるそうです。
 それを「脳梅」と言ったりするようです。

 その後、たまたま読んだ本で、
 智恵子について少し詳しく知りました。

 高村光太郎は、女遊びにはまった時期があり、
 その時に梅毒をもらったようです。
 悪い遊びをした自覚があったのでしょう。
 すぐに気がついて治療したらしい。

 でも、妻の智恵子には言わなかったのか言えなかったのか、
 黙っていたみたいです。
 梅毒の初期では、自覚症状が、分かり難かったり無かったりするらしいですから、
 重傷化するまで気がつかなかったらしいです。

 「智恵子抄」は恋する乙女に人気がありました。
 夫婦の切ない愛情を歌った名作詩集。
 でもねえ、事情を知ると、複雑です。
 おい光太郎! あんたが原因かい!

 あれは、高村光太郎の懺悔の詩集なのかも。
 そう思ったものでした。

 感染症には、くれぐれも気をつけないと。
 自分だけではなく、周りの人、特に親しい人を巻き込む危険があります。

戻る★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

「勘が当たった」の続報

 先月の記事「勘が当たった」に書いたオステオスペルマムのその後です。
 咲きました。
 天気がいい日だと、もっと元気よく咲くのですが、
 曇りだったので、イマイチです。
 でも、おかげさまで、いっぱい咲きました。

IMG_1556.jpg


 こんなんなりました♡


勘が当たった★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

朝ドラの国防服が変

 朝ドラが戦時中の話になりました。
 出演者の多くが国防服らしい衣装を着ていますが、
 色が変!
 濃いオリーブグリーンなんです。
 当時のいわゆる国防色ではありません。
 朝ドラの衣装担当スタッフは、古い映画を見ないのでしょうか。
 モノクロ映画でさえ、薄い色だということくらいは分かります。

 国防色は別名カーキ色。
 カーキとは、ヒンディー語で土埃の意味だとか。
 乾いた土の色、薄い黄土色、ダンボールのような色です。
 日本軍の軍服の色でもあります。
 濃いオリーブグリーンでは、米軍の軍服になってしまいます。
 違和感が半端無い。

 たぶん、文章でカーキ色というのを読んだのでしょう。
 今のファッション界では、カーキ色は濃いオリーブグリーンの事らしいです。
 でも、違いますからね。
 国防色は黄色っぽい薄茶色、ダンボールの色ですからね。
 カーキ色も、本来はそういう色ですからね。

 名前はそのままなのに、実際の色が違うものになっているというのは、
 何とも不思議な現象です。
 ファッション界に勘違い野郎がいたんでしょうか。

 NHKなんですから、お年寄りにちゃんと聞きましょうよ。
 おかしいと思っている年寄りは大勢居ると思いますよ。

本能寺の変は変だ!★★★智恵子抄と梅毒

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

勘が当たった

 スーパーマーケットの花売り場の隅っこに、
 植木鉢が一つありました。
 花が一つも付いてません。

 IMG_1554.jpg

 こんな札が付いているので、オステオスペルマムのようです。
 でも、花が一つもついてません。
 色々な花色があるようです。
 でも、その鉢は何色なのか分かりません。
 花も、咲きそうな莟すら付いてません。
 だから売れ残っていたのでしょう。

 気になります。
 どんな色の花が咲くのでしょう。

 白ではない気がします。
 単なる勘です。
 薄いピンクも違うような気がします。
 なんとなくです。
 黄色でもない。それも勘です。

 当たっているのか気になりました。
 売れ残って、売り場から間もなく消えそうです。
 だって、花が付いていないし、当分咲きそうな気配もないし。

 気になるので、買っちゃいました。

 そうしてやっと、咲きました。

 IMG_1553.jpg

 色は分かりましたが、明らかに弱っています。
 可愛がってやらねば。

 私の勘は、当たっていました。
 そんだけです。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
≪前のページ≪   1ページ/224ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア