FC2ブログ
RSS

いらっしゃいませ

ようこそ お越し下さいました(この記事は常にTOPになります)

     自作の物語と雑文を掲載しています。
     少しでも面白いと思っていただければ、これに勝る喜びはございません。
     お暇つぶしにでも、のぞいてやってくださいませ。 
    

 完結済み 長編 【赤瑪瑙奇譚】【くれないの影】【蜻蛉の願いはキンキラキン】
         【天州晴神霊記】【薬種狩り】【馬十の辻に風が吹く】
         【ずぼらなユン、やぶれかぶれ】

      短編 【クロウ日記】【香美位山】【泣きわめく子ども】【迷惑な子ども】
         【まだまだ】【富士山の見つけ方】【姫様爆走中】

      [掌編もあるよ] 
 
 雑文 【犬派のねこまんま】【あれこれ放談】【私の文章修業】
 その他 【掌編】【お絵かきと画像】  


 題名をクリックすると、案内・目次にとびます。
 上部の青いところと 左のカテゴリーの「目次」からもそれぞれの記事に跳べます。


ランキングに参加しています。 面白いと思って頂けたら、 クリックして下さると嬉しいです。
 

炎の美

 あの日の朝、ニュースで、首里城の火災が報じられていました。
 テレビの画面いっぱいに、燃え盛る首里城が映っていました。

 沖縄の人は、がっかりしたでしょう。
 だから、こんな事を書いたら、顰蹙を買うかもしれないです。
 でも、ここは個人のブログ。
 個人的な感想を書いちゃいます。

 炎に巻かれた首里城は美しかったです。
 闇の中で輝く炎は、恐ろしいくらい美しかったです。

 速水御舟の「炎舞」も敵いません。
 芥川龍之介の「地獄変」でさえ、規模が小さく思えます。

 原始的な何かしらが掻き立てられるような美しさでした。

 思えば、日本各地に様々な火祭りがあります。
 炎で山に字を書いたり、大きな松明を振り回したり、
 火の上を渡ったり、炎に飛び込んだり、
 まあ大変。
 消防車を待機させてまでやってます。
 厄落としや五穀豊穣を祈ることが多いようです。

 やっぱり原始的な何かしらに掻き立てられている気がします。

 観光資源になるような有名な火祭り以外にも、
 お盆には迎え火や送り火を焚きますし、
 お正月の締めには、どんと焼きがあります。
 役目を終えた松飾りや、古いお札を燃やします。
 どんと焼きの炎で、残った餅を焼いて食べると、
 無病息災になるそうです。

 今のように街灯や町灯りが無かった時代には、
 炎の美しさは、ことさらに格別だったのではないでしょうか。
 それだけで、ご利益を感じたことでしょう。

 火は、破壊であることと同時に、再生の象徴でもある気がします。

 古きものの滅びを惜しみつつ、
 新しく良きものが生まれることを祈ることにします。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

蛍の光は二番までしか歌わないってよ

 歌詞を全部歌える歌は以外に少ないです。
 一番だけなら歌えるけど……
 いつも何故か一番から三番に跳んじゃうのよね……
 なんてことは、良くある事ではないでしょうか。

 「鉄道唱歌」なんて、東海道だけでも66番まであるし、
 300番以上ある歌詞を全部歌える方がおかしい歌は例外としても、
 歌詞カードを見ないと分かんなくなっちゃうなんてことはざら。

 でも「蛍の光」の場合は、そういうのとは違う気がする。
 四番まであるのに、二番までしか歌わないのは、わざとだと思う。

 卒業式とか紅白歌合戦の最後に歌ったりするけど、必ず二番まで。
 三番と四番は、聞いたことも歌ったことも無いという人が普通なんじゃないかな。
 私も最近まで知らなかったよ。四番まであるなんて。

 曲はスコットランド民謡らしい。
 ノスタルジックな良い曲だ。
 明治時代に詞がつけられて、小学唱歌になった。
 明治の歌詞だから古風な日本語だ。
 長い間親しまれ、歌い継がれてきた。
 四番まであっても長くはない。

 たぶん、戦後から二番までしか歌われなくなったんだと思う。
 まずいことになるんだと思う。
 三番は、左翼に突っ込まれそうだ。
 四番は、戦後の領土問題が絡んでくる。

<蛍の光>   明治14年(1881年)

 一 蛍の光 窓の雪
  書(ふみ)読む月日 重ねつつ
  いつしか年も すぎの戸を
  開けてぞ今朝は 別れ行く

 二 止まるも行くも 限りとて
   互(かたみ)に思う 千万(ちよろず)の
   心の端を 一言に
   幸(さき)くと許(ばか)り 歌うなり

 三 筑紫の極み 陸(みち)の奥
   海山遠く 隔(へだ)つとも
   その真心は 隔てなく
   一つに尽くせ 國の為

 四 千島の奥も 沖縄も
   八洲(やしま)の内の 護りなり
   至らん國に 勲(いさお)しく
   努めよ我が背 恙(つつが)無く  

 近頃流行の忖度? 
 千島の奥って、北方領土のことだよね。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

十月十日

 今日十月十日は、前回の東京オリンピック開会式の日でした。
 抜けるような青空とか、日本晴れとか、オリンピック日和とか
 そう記録にも残っている日です。

 2019年は、気温が不安定で、超大型台風が近づいています。
 半世紀の間に、気候変動は確かに起こっていると実感しました。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

秋よ来い

 ♪秋よ来い 早く来い
 と歌ってみたりしたけど、
 店頭にカレンダーが並びはじめた今日この頃。

 先日、PCの壁紙をこんなんにしてみました。

IMG_1153.jpg

 早まったかも
 ちょっと暑苦しいです。



花束★


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
≪前のページ≪   1ページ/235ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア