FC2ブログ
RSS

いらっしゃいませ

ようこそ お越し下さいました(この記事は常にTOPになります)

     自作の物語と雑文を掲載しています。
     少しでも面白いと思っていただければ、これに勝る喜びはございません。
     お暇つぶしにでも、のぞいてやってくださいませ。 
    

 完結済み 長編 【赤瑪瑙奇譚】【くれないの影】【蜻蛉の願いはキンキラキン】
         【天州晴神霊記】【薬種狩り】【馬十の辻に風が吹く】
         【ずぼらなユン、やぶれかぶれ】

      短編 【クロウ日記】【香美位山】【泣きわめく子ども】【迷惑な子ども】
         【まだまだ】【富士山の見つけ方】【姫様爆走中】

      [掌編もあるよ] 
 
 雑文 【犬派のねこまんま】【あれこれ放談】【私の文章修業】
 その他 【掌編】【お絵かきと画像】  


 題名をクリックすると、案内・目次にとびます。
 上部の青いところと 左のカテゴリーの「目次」からもそれぞれの記事に跳べます。


ランキングに参加しています。 面白いと思って頂けたら、 クリックして下さると嬉しいです。
 

新年

 明けまして おめでとうございます

 四月一日には 新元号が発表されるようです。
 楽しみです。
 本年もどうぞよろしくお願いします。

 平成 己亥 元旦


平成最後の

 「平成最後の」が枕詞として飛び交う年末です。
 もしかして、これは歴史上初なんじゃないでしょうか。

 天皇退位の日程が事前に公表され、広く国民に告知されています。
 改元されるとみんなが知っている。

 「一世一元制」になったのは明治時代です。
 それまでは、天皇が崩御してから、もしくは退位してから、
 あるいは天災があったりしても改元されていました。
 事前に予定が分かっていることは、とっても珍しいのではないかと思います。
 それ自体が初めてなのかもしれません。

 さらに、昔はマスコミも発達していませんし、情報が行き渡るのに時間がかかりました。
 京から遠くはなれた地方では、
 何年も改元を知らずにいた形跡が、古文書などにも見受けられます。

 絶対に前代未聞だと思うわ。

 ということで、
 平成最後の 年末のご挨拶を
 皆様 良い年を お迎えくださいませ

天国の門★

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

天国の門

 金持ちが天国の門をくぐるのは
 ラクダが針の穴を通るよりも難しい


 そんな言葉が聖書に書いてあると知ったとき、
 若かりし頃の私は思ったものでした。
 金持ちにだって良い人はいるんじゃないかな。
 その言い方は極端すぎる。

 今になってみれば、若気の至りだったみたいです。
 日々貧富の差が広がって行くばかりの様子を知れば、
 人間の欲望には限りがないのでは、と思わずにいられません。
 億を稼げば、十億、百億と欲しくなる。
 ずるをしてでも欲しくなる。
 いやはや、よく分からないすごさです。
 天国の門は、どんどん遠くなっている気がします。
 それでも止められないのかもしれません。

 資本主義の末路が近いようにさえ感じます。


 大金を使うのも、それはそれで大変そうだと思い。
 「起きて半畳 寝て一畳」とつぶやく私には理解できない世界です。
 もっとも、私はキリスト教徒ではないので、
 はじめから天国の門にはご縁がないようですけどね。
 異教徒はどうやっても通れない門らしいですから。

中国のマラソン大会が面白すぎる件★★★平成最後の

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

季節感は大事ですね

 暖かかったので、年末気分になれないでいました。
 冷えてきました。
 水が冷たくなりました。

 奥さん、年末ですよ。
 今年もあとわずかですよ。
 たいしたことをするわけではありませんが、
 少しだけ、せわしない気分が出てきました。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
≪前のページ≪   1ページ/229ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

しのぶもじずり

Author:しのぶもじずり
とりあえず女です。
コメントを頂けると、うれしいです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

いらっしゃ~い

らんきんぐ

よかったら押してね
 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 小説ブログへ
 

リンク

このブログをリンクに追加する   リンクフリーです

おきてがみ

FC2以外のブログからお越しの方、クリックで足跡が残せます。
「ことづて」は機能していませんので、ここにはコメントは残せません。

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア